ここから本文です

CL敗退で失意のPSG、監督交代を準備か 「来季の新指揮官候補3人」を仏紙選出

3/9(金) 22:10配信

Football ZONE web

レアルにCL16強で敗戦 エメリ監督の今季中の解任も浮上

 フランスの強豪パリ・サンジェルマン(PSG)は、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でレアル・マドリードに敗れて16強敗退が決定。すでに来季に向けて後任監督の選定がスタートしており、有力候補が3人に絞られているという。フランスの首都パリの地元紙「ル・パリジャン」が報じている。

【写真】「なんて素晴らしい振る舞いだ!」と海外絶賛! 本田圭佑、ピッチに乱入した小さな女の子に“神対応”…ユニフォームを脱いでプレゼント

 すでにクラブは現在のウナイ・エメリ監督に来季を託す考えはないという。成績次第では今季中に解任されて暫定監督が引き継ぐ可能性すらあるとされるなか、来季以降に関しては、すでに実績のある指揮官を招聘するために調査を開始しているとした。

 現状で、PSGが最優先に考えている指揮官は、チェルシーのアントニオ・コンテ監督だという。今季終了後にチェルシーを離れることが濃厚とされる指揮官は、正式な監督の座が空位になっている母国イタリア代表の指揮官候補の一人としてリストアップされている。その一方で、PSGもまたコンテ監督にチームを託したいとの思いが強いとされた。

 イタリアサッカー連盟は次期監督に関する年俸の予算を、スタッフを含めて1000万ユーロ(約13億円)にしていると現地メディアに報じられたが、PSGもまた潤沢なオイルマネーを持つチームだ。この両者で、マネーゲームが繰り広げられるのかもしれない。

イタリア王者率いるアッレグリ監督の手腕も評価

 一方で、PSGの第2候補は現在ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督だという。アッレグリ監督はコンテ監督の下で3連覇したチームを2014-15シーズンから引き継ぎ、昨季まで3連覇。今季は前人未到のリーグ7連覇に挑戦するチームを指揮し、CLでも昨季は決勝へ、今季もトットナムを破って8強に進出した。リーグと欧州カップ戦を並行するチームを指揮する実績に、PSGは注目しているという。

 そして、第3候補はバルセロナを指揮した経験のあるルイス・エンリケ氏だという。現在はチームに所属せずフリーの身であり、交渉そのものは最も簡単に進む可能性が高い。

 PSGによる欧州制覇の野望は今季も達成されることがなかった。その悲願を達成するための指揮官は、この3人の中から生まれることになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/9(金) 22:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新