ここから本文です

知っておきたい大人の発達障害 ~もしかしたら、あなたも?

2018/3/9(金) 6:00配信 有料

現代ビジネス

Photo by iStock

「アメリカに留学した後、日本に帰ってきてからコンピュータ関連の企業に就職しました。学生の頃からじっと座っているのが苦手だったのですが、仕事を始めてみると様々な困難に直面しました。

プレッシャーがかかるとケアレスミスをくり返したり、不手際のあった取引先に対して衝動的に激しい怒りのメールを送ってしまって大問題になったり……。

職場ではずっと落ち着きのない『変わった人』と見られてきたと思います。ただ、それが単なる『性格』ではないと気付いたのは、8年前に初めて精神科医のカウンセリングを受けて、ADHD(注意欠陥多動性障害)と診断されたときのことです。つまり私は、30代半ばにして初めて自分の障害に気が付いたのです」

こう語るのは立入勝義氏(42歳)。事業開発とデジタル・マーケティング分野のコンサルタントとして、日米を股にかけて働いている。世界銀行やウォルト・ディズニー社などでの就労経験もあり、傍から見ると完全なグローバル・エリート。障害を抱えているとは思えない経歴だ。 本文:4,764文字 写真:3枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊現代

最終更新:2018/3/9(金) 6:00
現代ビジネス

おすすめの有料記事

もっと見る