ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

パンツ一丁のシーンも “フケ顔”徳永ゆうきが中学生演じる

3/11(日) 17:00配信

文春オンライン

「宮藤官九郎さん脚本の劇団☆新感線の舞台を、映画のプロデューサーが見て、『この子がバケツだ!』と出演オファーしてくださったんです。この舞台で共演していた紘毅(ひろき)さんとの漫才みたいな掛け合いも良かったらしい」

 演歌歌手の徳永ゆうきさんが、初の映画主演を果たす。知的障害を持つ中学生“バケツ”の役。ダブル主演の紘毅さん演じる養護教諭との友情を描いた心温まる物語だ。

「僕の実年齢は23歳。もとからフケ顔で、40代に見られることもあるんですよ。それが15歳の役が務まるのかと最初は戸惑いました」

 徳永さんがパンツ一丁になる印象的なシーンも。

「裸は正直、恥ずかしかったです。でも監督をはじめスタッフは年配の方が多かったので、居心地が良く、撮影中もみんなに笑ってもらえたのがよかったです」

 祖父母に育てられた演歌歌手とあって、これまでは熟年層からの応援が多かった。

「最近は、若い方がコンサートに来てくれるようになったんです。女子高生や女子大生が親子で。もともと人見知りだから、年上の方のほうが落ち着くんですけどね(笑)」

 5月には山田洋次監督の『妻よ薔薇のように 家族はつらいよ3』の公開も控える。

INFORMATION映画『バケツと僕!』
公開中
http://baketsu.ayapro.ne.jp/

「週刊文春」編集部

最終更新:3/11(日) 17:00
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

世の中を驚かせるスクープから、
毎日の仕事や生活に役立つ話題まで、
"文春"発のニュースサイトです。