ここから本文です

ツタロックフェスの仕掛け人と兵庫慎司が語る「邦楽ロックの現場で起きてること」

3/12(月) 8:00配信

Rolling Stone Japan

いよいよ今週末18日(日)に開催が迫った音楽フェス「ツタロックフェス2018 ~TSUTAYA ROCK FESTIVAL 2018~」。開催を記念して今回、同イベントの仕掛け人でありプロデューサーの前田博章(カルチュア・エンタテインメント株式会社/株式会社TSUTAYA)とロッキング・オン出身でフリーの音楽ライターとして活躍する兵庫慎司の対談を実施。2017年のベスト・ライブのリストをお互いに持ち寄り、2017~2018年の日本のロックとそのリスナーの新しい動きをテーマに話が交わされた。

・前田博章が選んだ2017年のベストライブ10本
4/22 [Alexandros] 幕張メッセ
6/19 yonige 渋谷クラブクアトロ
8/7 04 Limited Sazabys O-EAST
8/18 CHAI Basement Bar
8/30 欅坂46 幕張メッセ
9/10 星野源 さいたまスーパーアリーナ
10/5 HYUKOH ブリッツ赤坂
12/7 never young beach スタジオコースト
12/13 Nulbarich リキッドルーム
12/17 OGRE YOU ASSHOLE リキッドルーム
12/22 D.A.N. リキッドルーム

・兵庫慎司が選んだ2017年のベストライブ10本
4/9 Creepy Nuts リキッドルーム
6/9 Theピーズ 日本武道館
8/8 女王蜂 東京キネマ倶楽部
9/10 星野 源 さいたまスーパーアリーナ
9/16 plenty 日比谷野音
10/13 銀杏BOYZ 日本武道館
12/3 サンボマスター 日本武道館
12/9 エレファントカシマシ 富山オーバード・ホール
12/31 魔法少女になり隊 COUNTDOWN JAPAN MOON STAGE
12/31 ヤバイTシャツ屋さん COUNTDOWN JAPAN Galaxy Stageカウントダウン

兵庫:リストアップをしていて気がついたんだけど、俺、同じバンドばっかり観てるのね。数えたら、2017年に180本ぐらいライブ観てるんだけど、そのうちエレファントカシマシが10本、フラワーカンパニーズが12本、みたいな。

前田:(笑)。じゃあ、2017年に自分が体験したライブの現場から、2017年のシーンを総括とかは、しづらいですか?

兵庫:うん。年末も、シーン総括とか年間ベスト選出みたいな仕事、俺には来ないなあと思ってたけど、「そりゃ来ねえよ、こんな奴に」っていう(笑)。

前田:たとえば、2017年から今年にかけての新人バンドとかはどうですか?

兵庫:そうねえ……あ、前田くんが挙げてるCHAIは、俺の2017年のベスト・デビューアルバムなんだよね。強いて言うなら、若い世代の女の子、いくつも才能あるバンドが台頭して来たな、という印象はあったかな。聴いていて自分がひっかかるものがそうだったというか。yonige、CHAI、The Wisely Brothers、羊文学とかね。

前田:あ、それはそうですね。どういうふうに捉えてます?

兵庫:たとえば、ひとつバンドがブレイクすると、それと同じジャンルのバンドがドーッと増えるじゃない? ああいうのって音楽業界が仕組んでると思われがちだけど、それ以前にまずアマチュアがそうなるじゃないですか。

前田:ですよね。フォロワーがいっぱい出て来る。

兵庫:ライブハウスもそうだし、コンテストやオーディションに応募してくるバンドもそうだし。っていう話をGLIM SPANKYにしたら、「ほんとにそうでした。私たちの頃はライブハウス、神聖かまってちゃんみたいなバンドだらけで、その中で浮いてました」って。
前田:はははは。

兵庫:というふうに、何かが流行ればみんなドーッとそっちに行く中で、比較的、それとは別のところで独自の音楽を作っているのは、女の子のバンドなのかもな、と。

前田:ああ、そうかも。確かに男の方が、流行ってる音に対して「これかっこいい! 自分もやりたい!」って飛びつくかも。僕もそうなんですけど。

兵庫:俺もです。っていうようなことを、さっき名前を挙げたガールズ・バンドを聴いていて思いました。サウンド・スタイルありきで音を選んでないというか。まず自分の中に表現したい感情とかがあって、それを音楽に置き換えたらこうなりました、という順番な気がする。

前田:yonigeとかまさに、言いたいことが先にあって、それが音楽になった感じですもんね。あと、CHAIに関して言うと……今って洋楽を聴かない若いバンド、増えてるじゃないですか。その中ではめずらしく、CHAIは洋楽のルーツを感じますよね。

兵庫:ああ、前にアンコールでThe Ting Tingsのカバーやってて、「やっぱりそうか!」って思った。TOM TOM CLUB、CIBO MATTO、The Ting Tings、CHAIっていう感じ。

1/4ページ

最終更新:3/12(月) 8:00
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan

カルチュア・エンタテインメント

vol.02
2018年3月24日発売

1000円(税抜)

特集:三浦大知(ポスター付録付き)
BTS防弾少年団全米進出の舞台裏
m-floとダンス・ミュージックの20年
BiSHセントチヒロ・チッチ