ここから本文です

あと2か月!“軍服 OR モーニングコート”ハリー王子が結婚式に着る服で悩み中

3/13(火) 22:11配信

ハーパーズ バザー・オンライン

2018年5月にメーガン・マークルとの結婚式を控えているハリー王子。式当日に着る装いがまだ決まっていないことが明らかに。関係者によると、ハリー王子は軍服とモーニングコートの二択で迷っているのだという。

【メーガン・マークルのウエディングドレスはどうなる?】

2011年に執り行われたウィリアム王子&キャサリン妃の式で、イギリスの近衛騎兵連隊ブルーズ・アンド・ロイヤルズのユニフォームを着用していたことや、陸軍の兵士としてのキャリアを誇りに思っていることから、英『ザ・タイムズ』紙は王子が軍服をチョイスすると予想。

でもイギリス軍の関係者曰く、元騎兵連隊や元陸軍兵士が結婚式に当時の軍服を着用するのは「ちょっとダサい」ため、ユニフォームを着るとすればブルーズ・アンド・ロイヤルズではなく、昨年12月にフィリップ王配から引き継いだ海兵隊元帥の制服を着るのでは?と見込んでいる。

ところがその一方で、王室コメンテーターのアラステア・ブルースさんは「軍服は着ない」と断言。同紙に対し「軍服で登場したら、マジパンで作られた帽子を買って、それを食べている写真を送ってあげるよ」とコメントしている。そもそもミリタリー色をなくしたくて、ウィンザー城を結婚式の会場に選んだからというのが彼の意見。

そんな彼の意見に王室伝記作家のペニー・ジュナーさんも同感の様子。UK版『ELLE』に対し、このように語っていた。「ウィリアム王子の結婚式よりも控えめなウエディングだから、私もハリー王子がモーニングコートを選ぶと思うわ。彼はもうイギリス軍を除隊しているしね」「もし軍服を着たら、結婚式はよりフォーマルな雰囲気になる。でも彼はインフォーマルな雰囲気の方が好きだから、軍服は着ないと思う」

ちなみにメーガンのウエディングドレスを手がけるデザイナーも発表されていないけれど、最近ではラルフ&ルッソが最有力候補との噂。婚約を記念して撮影された公式ポートレートで、メーガンが同ブランドのドレス(56,000ポンド)を身につけていたのが主な理由で、他にもアレキサンダー・マックイーンのクリエイティブディレクター、サラ・バートンやメーガンの親友ローラン・ムレの名前も挙がっている。

メーガンは先日、イングランド国教会の洗礼を受けているため、式ではオフホワイト、アイボリー、クリーム、シャンパンゴールドなど白をベースにしたドレスを選ぶ可能性があると専門家はいう。選択肢が多い分、メーガンもハリー王子も着る服で迷うのも納得。当日までには、理想の一着が見つかりますように。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2018年7・8月合併号
2018年5月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。