ここから本文です

井上尚弥、王者の母国も認める“24歳の才能”「偉大なる将来性の持ち主だ」

3/13(火) 14:04配信

THE ANSWER

マクドネルの母国・英メディアも井上を評価「15勝無敗で母国を魅了している」

 プロボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)が5月25日にWBA世界バンタム級タイトルマッチ12回戦(大田区総合体育館)で、同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦する。英メディアでは地元王者にとって7度目の防衛戦で、バンタム級転向後の初戦を迎える「The Monster」を「偉大なる将来性の持ち主」と評価している。

【動画】こんなKO見たことない!? 井上尚弥との対戦は実現するか…レキップ・チャンネルが紹介したテテの「衝撃の11秒KO」の瞬間

 2か月以上も先のタイトルマッチ。対戦決定直後から海外メディアは盛り上がりを見せていたが、王者の母国メディアも過熱し続けている。運命の一戦をひと足先に特集したのは、英地元紙「ザ・サン」だった。

「ジェイミー・マクドネルはWBAバンタム級王者を防衛するために日本に旅することになる。6度に渡る防衛成功後、ドンカスター出身のファイターはモンスターと対決することになる。15勝無敗という戦績を誇り、母国を魅了している」

 10年間無敗を誇る英国の王者マクドネルが迎え撃つ井上について紹介した上で、さらに24歳にして世界的な地位を築きつつある日本人の“才能”を、こう評している。

「イノウエはバンタム級デビューを果たすが、偉大なる将来性の持ち主だ。6試合でWBCライトフライ級を制覇し、わずか2試合後にジュニアバンタム級の栄冠を勝ち取った」

英ブックメーカーのオッズ「1.14」で大本命に認められている井上

 英国でも井上の強さは轟いている。マクドネルのプロモーターで、WBA、IBF世界スーパーヘビー級王者アンソニー・ジョシュア(英国)らを顧客に抱えるエディ・ハーン氏は英地元紙のコラムで敵地での井上戦に不利を認めている。

 大手ブックメーカー「betfair社」もタイトルマッチのオッズを公開。自国の正規王者に対し、勝利のオッズを「5.0」とする一方で、井上に対しては「1.14」という圧倒的な本命と認定していた。

 相手国も認める「The Monster」の実力。全17階級のボクサーの強さを比較した「パウンド・フォー・パウンド」の格付けで10傑に選出されている井上は、下馬評通りの強さで3階級制覇を果たすことができるか。運命のゴングが待ち切れない。

THE ANSWER編集部

最終更新:3/13(火) 14:47
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。