ここから本文です

レアルだけじゃない。マンUもレバンドフスキ獲得レースに本格参戦か

3/13(火) 7:20配信

フットボールチャンネル

 マンチェスター・ユナイテッドはバイエルン・ミュンヘンに所属するポーランド代表のFWロベルト・レバンドフスキに興味を持っているようだ。

【動画】モウリーニョは時代遅れか、ファーガソンの呪縛か。苦闘のマンUで”飼い殺し”の5人

 先月、独メディア『スカイ』がレバンドフスキはバイエルンから提示された契約延長のオファーを断り、レアル・マドリーへの移籍に向けた交渉を行っていると報道していた。しかしここに来てユナイテッドが興味を示していると12日付けの独誌『キッカー』が報じている。

 現地時間10日に行われたブンデスリーガ第26節の対ハンブルガーSV(HSV)戦でハットトリックを決め今季のゴール数を「23」としたレバンドフスキは2位以下に10得点差をつけ独走態勢だ。またチームも次節には優勝が決まる可能性があるなどもはやドイツ国内にはライバルがいない状態だ。

 そんな29歳のストライカーが来季新たな挑戦をする可能性も十分考えられるかもしれない。ユップ・ハインケス監督は「バイエルンはヨーロッパの他のクラブと比べても特別なクラブだ。このチームでプレーする事は頂点を極めた事を意味する」と語っているが果たして来季のレバンドフスキはどのユニフォームでプレーをしているのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)