ここから本文です

塩谷司、UAEクラブでACL初ゴール。9万人の“完全アウェイ”の中で貴重な同点弾

3/13(火) 17:17配信

フットボールチャンネル

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第4節の試合が現地時間12日に行われ、イランのエステグラルとUAEのアル・アインが対戦した。

【Jリーグ】登録選手・加盟クラブが支払った仲介人報酬ランキング

 アル・アインに所属する元サンフレッチェ広島のDF塩谷司は先発で出場。AFC(アジアサッカー連盟)公式サイトの記録によれば「9万人」という大観衆の後押しを受け、42分にはホームのエステグラルがPKで先制点を奪った。

 だが78分、塩谷の右足から貴重な同点ゴールが生まれる。ペナルティーエリア手前左側でサイドチェンジの浮き玉を受けた塩谷はワンタッチでエリア内の味方選手に預け、リターンパスを受けたあと相手DF一人をかわすと、ペナルティーアーク付近から正確な右足シュートをゴール右に突き刺した。試合はそのまま1-1のドローで終了している。

 昨年夏に広島から移籍した塩谷はアル・アインで主力として活躍し、今季ACLではここまでグループステージ4試合全てに先発で出場している。アル・アインでのACL初ゴールはチームに貴重な勝ち点1をもたらす結果となった。

 なお、アル・アインはこれで4試合を終えて4引き分け。エステグラルとカタールのアル・ラーヤンが勝ち点6でグループの1位と2位を占め、アル・アインは3位となっている。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)