ここから本文です

恩返しの「アーセナル学校」。ベンゲルが日本サッカー界に残したもの

3/14(水) 11:52配信

webスポルティーバ

【短期連載・ベンゲルがいた名古屋グランパス (10)】

◆アーセナルでの再会とインパクト

 本当にここに、クラブハウスがあるのだろうか――。

【写真】ジュビロ黄金期の「N-BOX」とは何か

 ハイウェイ沿いの一本道、殺風景な路地でタクシーを降ろされた中西哲生と平野孝は不安にかられていた。周囲には看板もなければ、目印となるものもない。しかし注意深く見ると、住居が数軒並ぶ脇の小路の先に、黒くて大きな門がある。2人はそこに近づいていった。

 2001年1月、中西と平野はアーセン・ベンゲルに会うために、ロンドン郊外を訪れた。
 
 前年限りで現役生活にピリオドを打った中西は、今後の身の振り方を考えるうえで、まずはトップ・オブ・トップのサッカーを見ておきたい、と考えていた。

「ベンゲルの最後の試合になったレイソル戦の前日、練習が終わった後に『引退したら見に行ってもいいですか』とベンゲルに聞いたら、『いつでも構わない。連絡先はグランパスに伝えておくから』と言ってくれたんです」

 引退を決めたあと、さっそくベンゲルにFAXを送り、訪問の希望を伝えた。それから1、2回やり取りをしたが、最後の返事は届かなかった。

「ベンゲルも忙しいんだろうな、と思って、アポイントに対する正式な承諾を得ないままロンドンに行ったんです。だから、トレーニング場の正確な場所も知らなかったし、本当に受け入れてもらえるのかもわからない。大丈夫かなって不安でしたね」

 一方、当時26歳で、バリバリの現役選手である平野はこのとき、所属する京都サンガがJ2に降格したばかりだった。

「残留すべきかどうか迷っているところでした。それに、自分のプレーにも迷いが生じていて、初心に戻るというか、答えを見つけるためにベンゲルに会いたくて」

 そんな2人が意を決して黒い門のインターホンを押すと、しばらくして門が開き、中に招き入れられた。歩を進めると、右手の駐車場には高級車がずらりと並び、正面には白い建物が建っている。それが、1999年に竣工したアーセナルの新しいクラブハウスだった。

 そのロビーで懐かしい人物と再会した。コーチのボロ・プリモラツである。プリモラツは中西と平野を2階のレストランに連れていくと、「もうすぐ練習が始まるから、しばらくここで待っていてくれ」と言い残して去っていった。

 2人がコーヒーを飲みながら待っていると、プリモラツが戻ってきて練習場に案内された。そこに、かつての”ボス”がいた。

「ベンゲルから『どれくらいいるんだ?』と聞かれたので、『1週間ぐらいいます』と。『僕は見学するだけだけど、平野は練習に参加させてもらえませんか』と頼んだら、『お前もやればいいじゃないか』と言われました」

 こうして、中西と平野はアーセナルの練習に参加することになった。

 当時のアーセナルには、ロベール・ピレス、ティエリ・アンリ、パトリック・ビエイラといった1998年フランス・ワールドカップの優勝メンバーを中心に、イングランド代表のデイビッド・シーマンやトニー・アダムス、オランダ代表のデニス・ベルカンプ、スウェーデン代表のフレデリック・リュングベリといった錚々(そうそう)たる顔ぶれがいた。

 その技術の高さに平野は驚かされたが、それ以上に衝撃を受けたのは、トレーニングメニューが名古屋グランパス時代となんら変わらないことだった。

1/5ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
5月10日(木)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集『羽生結弦 王者の凱旋』
■仙台凱旋パレード
■平昌オリンピック名場面集
■世界選手権プレイバック