ここから本文です

女王より高額!『ザ・クラウン』主演よりも夫役マット・スミスのギャラが高かった…主演のギャラは?

3/14(水) 23:50配信

ハーパーズ バザー・オンライン

Netflixのオリジナルドラマ『ザ・クラウン』で1代目エリザベス女王を熱演した女優クレア・フォイ。なんと夫のフィリップ王配役を演じていたマット・スミスよりもギャラが少なかったことが明らかとなった。

【『ザ・クラウン』ファンに捧げる、絶対見るべき12本】

米『バラエティ』誌によると、同番組のプロデューサーであるスザンヌ・マッキーさんは、エルサレムで開催されたカンファレンスに出席し、その事実を認めた。彼女曰く、マットにはBBCドラマ『ドクター・フー』で主演を務めたという実績があったため、このような賃金格差が生じてしまったのだと説明。でもこれからはそうした問題を解消していくという。「今後は、他の出演者たちに女王より高額なギャラは支払いません」

つまりは2代目エリザベス女王に抜擢されたオリヴィア・コールマンが他の共演者たちよりもギャラが低い、なんてことがないように気をつけるということ。

2016年秋に『ザ・クラウン』の放送がスタートした際、確かにマットの方がクレアよりも知名度は高かった。とはいえ、クレアの役の方が存在感は大きいし、より複雑だったのは一目瞭然。なんといっても、エリザベス女王を演じていたから。ちなみにクレアはその役でSAG(全米映画俳優組合)賞、ゴールデングローブ賞、エミー賞など、数々の賞に輝いた。

『ザ・クラウン』の制作費は、エピソードごとに700万ドル(約7億4570万円)との噂。その金額から、Netflixで最も制作費の高い番組のひとつであることが分かる。同誌によれば、彼女の1エピソードあたりの出演料はたったの4万ドル(約426万円)だったという。クレアはシーズン2で降板することが決定している。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2018年7・8月合併号
2018年5月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。