ここから本文です

斉藤慶子の“オタク”的な同級生が大物俳優と共演!? 吉田栄作のモテエピソードも!

3/14(水) 8:00配信

ザテレビジョン

3月14日(水)夜7時から放送の「あいつ今何してる?」(テレビ朝日系)で、現在慶應義塾大学大学院に通いながら女優業に勤しむ斉藤慶子と、イケメン俳優として注目を浴び、今もなおドラマや映画で活躍する吉田栄作が登場。学生時代のエピソードを語る。

【写真を見る】吉田栄作は俳優養成所時代の“ライバル”とVTRで再会!

斉藤は、宮崎県の高校を卒業後、熊本大学教育学部に入学。在学中に日本航空「JAL沖縄キャンペーンガール」に選ばれ芸能界デビューした。

その後女優として活躍、現在は17歳になる娘を持つ母であり、昨年から慶應義塾大学大学院に通う学生でもある。

そんな斉藤の気になる同級生は、理科が得意で“雑学王”だったという男の子。斉藤が「今でいう“オタク”的な存在で、ちょっぴり地味だった」と話す彼は、実は東京で俳優デビューしていたという。

そして、あの大物俳優と映画で共演もしていた彼が、クラスの皆にとって“高根の花”のような存在だったという、学生時代の斉藤について語る。

また、19歳の時「タカキュー・ナイスガイ・コンテスト・イン・ジャパン」でグランプリを受賞し、映画「ガラスの中の少女」(1988年)で俳優デビューした吉田が気になる、俳優養成所JCP時代の「圧倒的な存在感を放っていた」イケメン同期がVTRで登場。

良き友であり、良きライバルであった彼は、吉田が「自分よりもプロ意識が高かった」と負けを認めるほどで、オーディションに合格しモデルデビューも飾るなど華々しい活躍を見せていた。

しかし、その後“借金”“家なし生活”“漫画喫茶に寝泊まり”と、波乱万丈な人生を送っていたという。同じ志を持ち、切磋琢磨していた同期が、30年以上の時を経て吉田への思いを語る。

さらに、角を曲がれば違う女性が待っていたという当時の吉田の“モテエピソード”も明らかになる。(ザテレビジョン)

最終更新:3/14(水) 8:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月15日

定価:370円