ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

宮沢りえが森田剛との新生活を選ぶ決め手になった愛娘の存在

3/17(土) 17:00配信

週刊女性PRIME

 V6の森田剛(39)と女優の宮沢りえ(44)が3月16日に連名のファクスで結婚を発表した。2016年8月の舞台『ビニールの城』で初共演してから、交際期間1年半。

【写真】運動会・入園式のりえ

 2人は「これからは家族としてお互いを支え合い、刺激し合いながら、豊かに、大切に時を重ねていきたいと思います。そして、表現者として志高く歩んでいきたいと思っております」と喜びのコメントを寄せた。

 熱愛が発覚してからも、森田とりえは堂々と交際を続けた。そのせいか、箱根や沖縄などの旅先、カフェでのデート、ゴルフ場でのキス、銀座でショッピングなど、さまざまなシーンでツーショットを目撃され、その度に“結婚秒読み”と言われてきた。

「結婚が秒読みに入ったと思われたのは昨年12月初旬、りえが公式インスタグラムのアカウントを突然閉鎖した頃からでしょう。

 それと前後してりえは4月の主演舞台を降板したためオメデタ説が流れ、りえの出演する舞台が終わる2月18日以降にも結婚か? と注目されていました」(スポーツ紙記者)

 今年に入り、りえ親子と森田はファミリータイプの広いマンションに引っ越し、新生活をスタートさせているという。

「りえは娘が小さい頃から、付き合う相手との食事には娘を同伴することが多かったし、自分の舞台や映画も必ず見せていました。

 それは、りえママが働く姿を彼女に見せていたように、りえも娘に自分がどんな姿勢で仕事をしているのか、ありのままの姿を見てほしいという思いからだそうです」(芸能関係者)

 今年9歳になる愛娘とは「どんなことも隠さずに話し合う」(同)関係だという。

「娘が幼稚園受験するときも、りえは娘の意思を尊重し全力でサポートしていました。

 “恋多き奔放な女性”のように報じられることも少なくありませんが、演技のために苦心する母の姿を一番身近で見ている娘は、実は最もりえの理解者なのかもしれません。

 だから森田のことも、きちんと娘に紹介しV6のコンサートに一緒に出かけたり、3人で食事に行ったりして結婚を決めたそうです。再婚するなら“娘ファースト。娘と相性のいい人”との思いは強かったですね」(芸能関係者)

 これまでは愛娘と二人三脚、これからは三人で歩いていく。

<取材・文/小窪誠子>

取材・文/小窪誠子

最終更新:3/17(土) 17:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」5月1日号

定価390円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。