ここから本文です

だから「十字軍」は憎まれる イスラム脅威論の虚構 その6(上)

3/18(日) 22:47配信

Japan In-depth

【まとめ】

・ブッシュ大統領「十字軍発言」でムスリムの怒りは米国に。

・十字軍は占領地で略奪や強姦などの蛮行をさかんに働いた。

・ローマ法王庁はキリスト教原理主義のルーツのごとき思想的傾向を持っていた。

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真の説明と出典のみ記載されていることがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttp://japan-indepth.jp/?p=38991で記事をお読みください。】 



あの9.11(2001年9月11日に米国で起きた、同時多発テロ事件)の衝撃的な映像は、20年近く経った今でも記憶に新しい。

しかし、事件後ほどなく(16日)ジョージ・ブッシュJr.大統領の口から出た、史上最悪レベルの失言は今や忘れられようとしている。彼は、こう言ったのだ。

「この十字軍、このテロとの戦いは、すでに始まっている」

この発言、とりわけ十字軍という単語が、全イスラム社会を震撼させ、中東諸国はもとより、ヨーロッパ諸国からも非難の声が上がった。ホワイトハウス筋は、「全イスラムを敵視しているわけではない」 とコメントし、火消しに躍起となったが、時すでに遅し、だったのである。

事件直後、イスラム系の人々の怒りは、もっぱらテロリストたちに向けられていた。ごく一部の頭のおかしい連中のせいで、欧米諸国とイスラム諸国との関係が悪化したら、どうしてくれる、といった受け止め方をしていたわけで、いたって常識的な反応だった。

そのように、当初はテロリストたちに向けられていたイスラム系市民の厳しい目が、十字軍という言葉を聞いたとたんに、今度は米国に向けられるようになってきた。

現実問題として、その後ほどなくイラクやアフガニスタンが激しい空爆にさらされ、多くのイスラム系市民が犠牲となったわけだが、こうした行為は、中東の地で虐殺や略奪をほしいままにした十字軍と、まさしく二重写しだったのだろう。

1/3ページ

最終更新:3/18(日) 22:47
Japan In-depth