ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「ヒト」を象徴する画像、5年かけて選ばれる

3/18(日) 20:04配信

WIRED.jp

英語版ウィキペディアで「ヒト」項目のトップ画像になっているのは、タイに住むアカ族の男女の写真だ。この1枚を選ぶために、ウィキペディアの編集者たちは約5年かけて数百ページもの議論を繰り広げた。“人類を象徴する1枚”が決まるまでの、知られざる物語に迫った。

Wikipedia編集者たちの「真実」をめぐる戦い



天文学者のカール・セーガンは1972年、人類を宇宙へと送り出す準備をしていた。パイオニア計画は無人機による惑星探査ミッションだったが、探査機が地球外生命体に遭遇するような事態に備えて、セーガンは米航空宇宙局(NASA)から地球の住民たちの姿を描写しておくように言われていたのだ。

彼は妻のリンダ・サルツマン・セーガンと友人であるフランク・ドレイクの助けを借りて、2つの裸体をデザインした。

カールの自叙伝によると、リンダは女性をアジア系の特徴をもつように描き、男性をアフリカ系の特徴をもつように描いたという。ただし、完成した姿はどちらも1970年特有のヘアスタイルをしたヨーロッパ系の人物に見えた。

セーガン夫妻は、ある問題に直面していた。ヒトを象徴する絵を描くとき、百科事典の執筆者(あるいは地球外知的生命体探査にかかわる人間)は、どうにかしてヒトという種のすべてを1つに集約しなければならないのだ。生物学者たちが呼ぶところの「タイプ標本」である。

2003年、英語版ウィキペディアで「ヒト」の項目を執筆していた編集者たちも、これに手こずった。クラウドソーシングによってつくりあげられる百科事典は、理論上「象徴」問題の解決策になる。その項目がどう表現されるかを、ひとりで決定できる人間はいないからだ。

しかし、編集者たちは「ヒト」という項目を代表する画像を1枚選ばなければならなかった。どの写真を選ぼうと、人間性の美しさや興味深さの源泉である多様性や文化的なニュアンスのほとんどは、こぼれ落ちてしまう。

最初に選ばれたのは、パイオニア探査機の金属板の画像だった。この画像は5年ほど、その名誉ある座についていた。

しかし、編集者たちは満足していなかった。自分の無知を知ろうと、そして問題解決のために変化を起こそうと、彼らは何百ページにもわたる議論を繰り広げたのだ。

何年にもわたる議論の末、編集者たちは金属板の画像を変更することに決めた。そしてこの10年間は、タイの男女がわれわれ全人類を象徴している。

緩やかに波打つ丘を背景に、青々とした芝の上に立っている2人。男は赤い帽子にしかめっ面、女は頭に白い帯をかけて微笑している。この2人が、人類のデジタル上のタイプ標本だ。

1/4ページ

最終更新:3/18(日) 20:04
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.30』

コンデナスト・ジャパン

2017年12月9日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.30「Identity デジタル時代のダイヴァーシティ 〈わたし〉の未来」+ 別冊付録「未来のモビリティは、すでにここにある」