ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

横浜FM、浦和との“未勝利対決”でエースが決勝弾! “4度目の正直”で今季リーグ初白星

3/18(日) 17:58配信

Football ZONE web

浦和GK西川が好守連発で前半はスコアレスで折り返すも…

 今季リーグ戦未勝利同士の“名門対決”は、横浜F・マリノスがエースの決勝ゴールで制した。18日のJ1第4節、横浜FMは敵地での浦和レッズ戦で後半36分にFWウーゴ・ヴィエイラが決勝弾を挙げ、1-0で勝利した。

【動画】ワンタッチゴーラーの真骨頂! 横浜FMエース、ウーゴ・ヴィエイラの技あり決勝弾

 浦和は最前線にFW興梠慎三とFW武富孝介を並べる4-4-2でスタートし、堀孝史監督が就任以来継続してきたワイドに張り出すウイングのいないシステムを採用。一方の横浜はアンジェ・ポステコグルー監督が標榜する最終ラインからビルドアップしていくサッカーを継続した。

 浦和は横浜のハイラインの裏を突いた攻撃を狙ったが、興梠と武富がオフサイドに掛かる場面が多く、チャンスを生かし切れない。逆に横浜は前半35分、ロングボールをFWユン・イルロクがつないだところに走り込んだFWウーゴ・ヴィエイラが抜け出す決定機を迎えるも、浦和のGK西川周作が1対1をセーブ。スコアレスのままハーフタイムを迎えた。

 後半に入って先にペースを掴んだのは横浜だった。浦和の守備陣に少しずつ生まれ始めたスペースを有効に使い、後半14分にはMF天野純のシュート性のボールをゴール前で受けたウーゴが反転してシュートしたが、西川がセーブ。さらに同15分にはコーナーキックからゴール前で再びウーゴ・ヴィエイラが至近距離でシュートを放ったが、またもや西川にセーブされた。

後半36分にウーゴ・ヴィエイラが値千金の決勝ゴール

 浦和は後半18分にMF長澤和輝に代えて、湘南ベルマーレへの期限付き移籍から復帰したMF山田直輝を投入。柏木陽介をFWに上げ、興梠とのコンビに決勝ゴールを託した。さらに後半34分にFWズラタンを投入し、興梠を中盤に下げて得点力のある選手を増やしたが、浦和の攻撃陣はフリーでボールを持った場面のクロスやラストパスに精度を欠いた。

 逆に横浜は後半36分、中央に入り込んできたDF山中亮輔からのパスを受けて縦に突破したウーゴ・ヴィエイラが、“四度目の正直”とばかりに西川との1対1を決めて先制。これが決勝ゴールになり、横浜が1-0で勝利した。

 エースの一撃で横浜は、アウェーで今季リーグ戦初勝利を挙げた。一方で西川のビッグセーブ連発も実らず敗れた浦和は、2分2敗とリーグ戦未勝利のまま日本代表活動による中断期間に入ることになった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/18(日) 18:38
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新