ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

『キャプテン』の近藤を地でいく男・鈴木博志は中日の救世主となるか

3/19(月) 8:20配信

webスポルティーバ

 その走り姿からは「ドタドタドタ!」という効果音が聞こえてきそうだった。

 2月中旬、中日・北谷(ちゃたん)キャンプの陸上競技場で、投手陣がシャトルランに精を出していた。スリムな体型、軽やかな身のこなしで駆ける投手が大半のなか、厚みのある肉体を重そうに引きずり、今にも地面に倒れ込みそうな青息吐息の投手がいた。

【写真】鈴木博志について、山本昌氏はなんと言ったか?

 この投手こそ、中日のドラフト1位ルーキー・鈴木博志だった。身長181センチ、体重95キロ。その立派な体格と鈍重な走り姿は、不朽の名作漫画『キャプテン』のキャラクター「近藤」を想起させた。

 今どき立ち方、歩き方からこだわって練習するアスリートが珍しくない時代に、この鈴木の存在は良くも悪くも際立って見えた。

「ムリっす......。キツイです......」

 ランメニューを終え、鈴木はストレートに弱音を吐いた。しかし、表情には明るさがあり、言葉通りプロの練習に戸惑っている様子は見受けられなかった。

 むしろ心配を覚えたのは、ランメニューの前に入ったブルペンでの投球練習だった。

 休日前ということもあったのだろう。鈴木の体はいかにも重そうで、本来の武器であるスレトートはいい球と悪い球がはっきり分かれた。

 社会人・ヤマハ時代の鈴木は最速157キロの快速球を武器にしていた。1球見ただけで「モノが違う」と思わせる、エンジンの強さと迫力。そのような剛球は影を潜めた。

 そんな心配をよそに、鈴木は「ブルペンでダメでも、実戦になると変わるので。悪くてもなんとも思ってないです」とあっけらかんと語った。このあたりは鈴木のおおらかさがポジティブに作用しているようだった。

 1年前の3月、静岡・草薙球場でキャンプを張っていたヤマハを取材したことがある。当時、美甘将弘(みかも・まさひろ)監督は心配そうな顔で鈴木についてこんなことを言っていた。

「今年でドラフト解禁ですけど、課題も多いですし、まだ早いのかなと。私としては『社会人のエース』と呼ばれるようになってから(プロに)行ってほしいんですけどね(笑)」

 鈴木は磐田東高を卒業し、ヤマハに3年在籍したものの、実質プレーができたのは2年しかない。何しろ、入社した時点ではボールを投げることすらできなかったのだ。鈴木は当時をこう振り返る。

「高校で右ヒジを疲労骨折して、手術したんです。だから最初の年は周りの人も『なんでこんな使えない高校生を獲ったんだ?』って思っていたと思いますよ(笑)」

 リハビリとトレーニングに明け暮れ、ヒジが完治した1年目の秋、試運転で登板したマウンドで鈴木に衝撃が走った。今まで味わったことのないスピード感のあるボールが腕から飛び出した。球速は148キロ。高校時代よりも5キロも速くなっていた。

 社会人2年目、3年目も実戦で投げられるようになったと言っても、圧倒するような実績を残したわけではない。とてつもない剛球を投げ込んだかと思えば、突然ムラッ気が顔を出して打たれるシーンも少なくなかった。

 それでも美甘監督の言う「社会人のエース」と呼ばれる前に、鈴木はその才能を十分に見せつけてしまった。最速157キロを投げるアマチュアの20歳が放っておかれるはずもなく、昨秋のドラフト会議で中日に1位指名されたのだった。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ平昌オリンピック特集
3月9日(金)発売

定価 本体1,593円+税

平昌オリンピック特集『歓喜のメモリー』
■羽生結弦「王者の帰還」
■宇野昌磨、宮原知子、坂本花織ほか
■日本人メダリスト 栄光の瞬間