ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

深キョン妊活ドラマ、ここが変!? 不妊治療経験者のリアルな声

3/19(月) 18:09配信

女性自身

今までないリアルな妊活ドラマという触れ込みで始まった、フジテレビ系木曜10時の「隣の家族は青く見える」。

「生々しい」「リアル」という声があるいっぽうで、多くの不妊治療経験者からは「ピンとこない」などという意見が数多く上がっている。

■ピンとこない理由1「周囲の人々のデリカシーがない」

妊活は経験した人にしかわからない精神的なつらさがつきもの。ゆえに不妊治療者や周囲の人々は、言動には慎重になっているはずだが……。

「私は今まで3つのクリニックに通いましたが、どの先生も『不妊症』という言葉を使わずに症状を説明してくれました。わかっていても、もし目の前で先生に言われたら、ショックだろうな」(20代女性)

1話で深田恭子さん演じる主人公の奈々にクリニックの医師が「検査するまでもなく不妊症です」と告げるシーンがある。

病院によってはズバリ現実を提示する医師もいるものの、この宣告に違和感を覚える方も多いようだ。

「マツケンよぉ、会社の同僚に不妊治療していることを喋らないでーーー」(30代女性)

松山ケンイチ(33)演じる夫・大器は時折、会社の後輩に夫婦の不妊治療について話している。だが同じ悩みを持つ友人や家族ならまだしも、若い後輩に他人に夫婦のデリケートなことを軽々しく話すのは妻にとって気持ちのいいものではないはず。

奈々が苦しいときに寄り添ったり「いつか俺たちの所にも絶対(赤ちゃん)来てくれる」と元気づけたりしていても、このディテールのおかげで大器がどこか軽薄に感じてしまうようだ。

■ピンとこない理由2「主人公たちに本気さが感じられない」

「医師の指示でいちいち戸惑いすぎ。タイミング法だけで簡単にできると思うなよ」(40代女性)

一般にはなじみの薄い不妊治療をドラマで扱う性質上、奈々がどこか無知であったり医師の指示にいちいち戸惑ったりするのはドラマ的に仕方のないこと。しかし本気で妊活について学び、大きな決意をもって治療院の門を叩いた人たちからすると、軽い意識と感じてしまう部分もあるようだ。

「生理予定日3日過ぎて気づくなんて、本当に妊活してるの?」(30代女性)

3話で奈々が、「アレ(生理)もう3日も来てない!」と驚くシーンがある。

妊活中は生理日・排卵日に一喜一憂するもの。アプリなどでカウントダウンしながら、その日をドキドキして待っている人が多い。奈々も毎日基礎体温をつけているほどの妊活中のはずだが……???

1/2ページ

最終更新:3/20(火) 0:31
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2819合併号・4月24日発売
毎週火曜日発売

特別定価450円(税込)

小室圭さん母 パートにタクシー出勤で往復
田口淳之介 マネージャー小嶺麗奈就任宣言
武井咲 ファンクラブ解散へ!育児専念希望