ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ぽっこりお腹解消 バスタイムに作る猫手マッサージ

3/19(月) 6:00配信

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)

 今回は、体を洗いながらできるマッサージ法をお伝えします。猫手でお腹まわりの老廃物を流し、お腹も引き上げることができるので、体を洗いながらくびれを手に入れましょう。

【関連画像】両手の猫手でグーッと内側に押し込みながら、おへそに向かって滑らせる

 ずん胴のボディは、お腹まわりの筋肉が凝り固まっていることも一因。「くびれを作るには、その土台である筋肉を軟らかくして、メリハリのある形状に整える必要がある」とエステティックサロンパールケイ代表の服部恵さん。体を洗いながらの猫手マッサージで、くびれを復活させよう。

 「リンパや血液の流れを改善して、筋肉内の老廃物や脂肪の排出をスムーズにすると、筋肉の弾力が戻り、メリハリのある本来の美しい形状に整う。脂肪も軟らかくなり、落ちやすくなる」と服部さん。

 石けんをつけて行うと、猫手を滑らかに動かせる。仕上げに、太ももの付け根のリンパ節に老廃物を流し込もう。お腹のむくみもとれる。

●【1】猫手プッシュでお腹を軟らかくする

硬くなったお腹の筋肉をほぐして、筋肉内にたまった老廃物を排出しやすくする。むくみが取れて、くびれも復活。

(1)左右わき腹の肋骨の下のくぼみに、両手の猫手を押し当てる。

(2)両手の猫手でグーッと内側に押し込みながら、おへそに向かって滑らせる。10回繰り返す。

【2】猫手ドレナージュで老廃物を流す

お腹を両手の猫手で深めに刺激し、太ももの付け根のリンパ節に老廃物を流し込む。

(1)左右の骨盤の上のくぼみに両手の猫手を押し当てる。

(2)両手の猫手をグーッと中心へ寄せながら、下腹部に向かって押し下げる。ウエストまわりの脂肪を、太ももの付け根に流すイメージで10回繰り返す。

この人に聞きました

服部 恵さん
エステティックサロンパールケイ代表
エステティシャンとして数々の受賞歴がある。独自の技術でエステティシャンの指導にもあたる。著書に『たるんだ肌が劇的に若返る猫手マッサージ』(マキノ出版)。

取材・文/海老根祐子、羽田 光(編集部) 写真/鈴木 宏  モデル/津山祐子 スタイリング/中野あずさ(biswa.) ヘアメイク/木下 優(ロッセット)

日経ヘルス2017年2月号掲載記事を転載
この記事は雑誌記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ヘルス

日経BP社

2018年05月号

価格:700円(税込)

すぐ効く、差が付く 女の老け見え大解決!
押して動かすだけの「二重あご消し」
シミ消しUV三角塗り、1分美尻キック
超特大付録「女の不調たちまち解消」

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)の前後の記事