ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

出産費用プラス20万円!無痛分娩が台無しになった切なすぎるワケ

3/20(火) 17:01配信

ファンファン福岡

皆さんは、産院を選ぶ時、なにを重視して決めましたか?地域に産院の数が少なかったり、逆子や前置胎盤、持病ありなど、お産が難しい場合は、産院を選べないこともありますが、通える範囲にいくつかの産院があるなら、自分の希望に合わせた産院選びが可能です。

「自宅から近くて、いざという時に安心」「無痛分娩の実績がある」「自然なお産を推奨している」「病院が新しくて、入院食が美味しいと評判」などなど、病院の特徴を比べて、産院選びをしても、最後までどうなるのか分からないのが出産です。意外な理由で、希望とは、ほど遠いお産になってしまったケースがありました。

まるでリゾートホテル

妊娠中の友人が、リサーチを重ねて選んだ産院は、いわゆるセレブな病院でした。病室は全室個室で、まるでリゾートホテルのような雰囲気。

入院食が美味しいと評判で、退院直前のお祝い膳はフレンチのフルコースが出るそう。さらに出産直前の食事も、妊婦さんを元気づけるために、鰻や鮨など、豪華な特別メニューが出ると聞いていました。

また無痛分娩に実績のある病院だったので、友人は迷わず無痛分娩で産むことに決めました。その病院では、妊婦さんが臨月になり、もういつ生まれても良い状態になると出産予定日を決めます。

「無痛分娩だから、痛みとは無縁!もうレストランに食事に行く気分で出産してくるわ」

友人は、余裕綽々(しゃくしゃく)でしたが、その時は、まさかあんなことになるとは誰もが想像もしていなかったのです。

出産予定日の朝、陣痛誘発剤を使い、陣痛が起こるのを待ちます。友人は初産なので、なかなか陣痛がこないまま昼食の時間になりました。昼食は待望の特別メニュー!その日は、艶々のイクラと、ふっくら大きな雲丹がたっぷりのった雲丹イクラ丼が出てきました。

「期待していた以上に美味しそう!雲丹もイクラも大好物!」

陣痛待ちですっかり疲れていた友人も、特別メニューのおかげで気分は上々!インスタグラム用に、雲丹イクラ丼を持ってにっこり笑顔の写真も撮影。

「よし!食べて元気に出産するぞー!」と思った時、突然、ズーンと痛みの波が広がってきました。

初産では、重い生理痛のような鈍痛が、どれほどの陣痛で、子宮口がどのくらい開き始めているのか、分かりません。

このくらいの痛みなら我慢できる…そう判断した友人は、どうしても好物を食べてから、お産に挑もうと、何度も休憩を挟み、一時間以上かけて、雲丹イクラ丼を完食しました。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ファンファン福岡

株式会社西日本新聞社

福岡市を中心としたエリアで発行するフリーペーパー。「福岡って楽しい!大好き!」という地元の方々と一緒に、魅力あふれる福岡の街や人、イベント、グルメスポットなどを随時更新。