ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

元野田首相秘書官・太田理財局長の答弁の“見事さ” --- 八幡 和郎

3/20(火) 17:06配信

アゴラ

森友問題についてFacebookに書いたことなどを、いくつかをまとめて紹介する。

野田佳彦総理の秘書官だった太田理財局長の国会答弁のここがすばらしい

自民党の和田政宗参議院議員が太田充理財局長に、「太田理財局長は一生懸命答弁してくれているのかもしれないけれど」「まさかとは思いますけれども、太田理財局長は民主党政権時代の野田総理の秘書官も務めておりまして、増税派だからアベノミクスを潰すために、安倍政権を陥れるために意図的に変な答弁をしているのではないですか」と質問して大騒ぎだ。

しかし、私から見ると、太田理財局長の答弁は実にうまい。ほれぼれする。あの愚かな佐川長官のように、なにもいってないという印象を与えないのだが、余計なことはいわない。一方、どうだってよいことは明確に言い切る。

「私個人には理解ができない」とかいうのは、一般論は知らないということであるので、言質を取られないで、本人が市民感覚からはずれていないことを見せている。この太田氏は野田佳彦の総理秘書官だったらしい。秘書官が優秀でも本人がダメだと宝の持ち腐れだが。

財務省幹部はいつから何を知っていたか

答弁作成をめぐる経緯の詳細が不明なので限界はありますがひとつの想像だ。

(1)価格の提示などをしたことを担当者は財務局幹部、本省にそもそもしていたか?・・・どちらもありうる。キャリアに相談せずに処理するのが地元採用ノンキャリの存在価値。ただ、答弁のまえには知っていただろう。

(2)佐川はあの答弁の前にあの文書の存在を知っていたかどうか・・・分からないが知らなかった可能性が大きいか。だから、蟻地獄に落ちて、官房などにも相談できなくなった可能性。

(3)なぜ佐川は事前交渉なしと言ったか・・・あったといったら詳細を追究され、結果、長官への栄転がなくなるし、部下たちも同じ。ここで、謝っておく、あるいは含みのある答弁をしておけば良かったのだが佐川の答弁術が下手だった。

(4)なぜ、文書を改竄したか?・・・あのような文書が理財局内でどの程度、異常なのかは諸説あるが、どっちにしても、公開されたら関係者から抗議される種のもので、添付したこと自体が大チョンボ。改竄の動機はある。かつ、あの記述が起案の結論に影響を及ぼすとも思えないので、犯罪構成要件は満たすが起訴や厳罰は普通には難しい。

1/2ページ

最終更新:3/20(火) 17:06
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム