ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

大坂なおみは女王になれるのか? 実力は申し分ないが、ある疑問が…英メディア特集

3/21(水) 21:00配信

THE ANSWER

注目度急上昇の大坂を英メディアも特集「ナオミはどこまで高みにたどり着けるのか」

 BNPパリバ・オープンで初タイトルを獲得し、一躍スターダムにのし上がった世界ランク22位の大坂なおみ(日清食品)。高速サーブとパワフルなストロークに加え、天真爛漫なスピーチでテニス界のニューヒロインとなったが、英メディアは将来、世界ランク1位になれるのかを特集。女王ナオミ誕生に不可欠な“ある要素”について指摘している。

【動画】史上最悪?史上最高? 笑い続ける“天然少女”に会場も思わずつられ…WTAが公開した大坂の“笑撃スピーチ”の一部始終

 圧巻の強さと天然スピーチでインディアンウェルズの観衆の心を鷲掴みにした「NAOMI OSAKA」は世界中で話題となっている。英地元紙「テレグラフ」が引用した週間テニスラジオ番組「ザ・テニス・ポッドキャスト」では、英公共放送「BBC5ラジオ」などで解説を務めるデイビッド・ロウ氏がBNPパリバ・オープンを振り返りながら、大坂の可能性について言及した。

「彼女はどんな相手にも優位性を示している。パワーはセリーナ・ウィリアムズのようだ。正確性も彼女の運動能力もそうだ」

 大坂が憧れるグランドスラム優勝23回を誇る女王セリーナとの類似点を指摘。そして、ロウ氏は「ナオミ・オオサカは今や本当にトッププレイヤー。彼女がタイトルを獲得した今、誰もが話題にするのはナオミがどこまで高みにたどり着けるのか、ということだ。彼女は未来のトップ5、そしてナンバーワンになれるのか、グランドスラムで優勝できるのか?」と語った。

 大坂はBNPパリバ・オープンで1回戦で元女王のマリア・シャラポワ(ロシア)を破り、準決勝でも現1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)をストレートで勝つなど格上を連破し、決勝では同じ20歳のダリア・カサトキナ(ロシア)相手にワンサイドゲームを展開。頂点まで上り詰めた。

 その実力に疑う余地はないが、世界ランク1位の女王になれるかどうかについては、ある疑問が存在するという。

実力に疑いはないが…女王の座に就くことでの周囲の注目に耐えられるか

「彼女は輝けるタレントです。1度インタビューしたことがありますが、彼女の発言やソーシャルメディアでの発信を見ていると、個人的な考えですが、彼女が本当に1位を目指したいのか? スポットライトや注目を浴びたいのか? ということです。それを希望しないときに、それに耐えきれるか。彼女にその情熱があるのか。彼女は最高のプレーヤーになれると思う」

 ロウ氏はこう語っている。スピーチでも自然体を貫くのがナオミ流。脱力トークと独特のユーモアで観衆を常に笑顔にさせる。だが、栄光と引き換えに、メディアの巨大な注目とプレッシャーにさらされ続ける女王の座を望むのだろうか――。そう疑問を投げかけている。

「アンディ・マレーも注目を嫌うが、彼にはたゆまない情熱がある」と話し、英国の誇る元男子世界1位で「ビッグ4」の一角を例に挙げていたロウ氏。インタビューの受け答えや、試合後の対戦相手への敬意など、随所に優しい性格がにじみ出る大坂だが、プレースタイルはアフレッシブそのもの。頂点への野心を明確に示す時がやって来るのだろうか。

THE ANSWER編集部

最終更新:4/21(土) 10:31
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。