ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

<目撃>まるで着ぐるみ、器用に立って歩くゴリラ

3/22(木) 15:54配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

頻繁に二足歩行、「汚れるのが嫌いなのでは」と動物園の担当者

 ゴリラが器用に立って歩く動画が話題になっている。

 米国フィラデルフィア動物園で暮らす16歳のニシローランドゴリラ「ルイス」だ。

「両手に何かを持っているときに、立って歩くゴリラは何頭かいます」と、動物園のキュレーターであるマイケル・スターン氏。ただし、ほかのゴリラがそうやって歩くのは通常1歩か2歩であるのに対し、ルイスは長い距離を立って歩く姿がたびたび目撃されている。

 2018年3月、動物園はその様子を撮影した動画をフェイスブックに投稿した。動物園によるコメントには、手と食べ物を汚さないようにしているのではないか、とある。どうやら、手に持ったトマトを傷つけたり、地面につけたりしないために立って歩いているようだ。

 それ以来、ルイスは「細菌恐怖症」とか「潔癖症」と呼ばれたりしている。しかし、スターン氏は「細菌が病気のもとになることをルイスが理解しているとは思いません。おそらく、泥がつくのがいやなのでしょう。ゴリラは熱帯に暮らす動物ですから、泥はおなじみです。しかし、ゴリラにもそれぞれ個性があります」 と語る。

きれい好きのゴリラ

 スターン氏によると、飼育員たちはみな、ルイスが泥を避けたがることに気づいているという。食べ物を運んでいるときばかりではない。2015年の動物園によるブログには、次のように書かれている。

「暴風雨になると、立って走り回り、隠れ場所を探します。たまたま泥の中に足を踏み入れてしまうと、木の葉や紙袋を見つけてきて、きれいになるまで手や足を拭きます」

 ルイスが泥の水たまりを避けて渡れるように、動物園は消防用のホースで橋まで作っている。

 ルイスは、フィラデルフィア動物園のゴリラの中ではかなり大柄で、体重は200キロ、身長は1.8メートルほどある。しかし体格とは裏腹に「おそらくいちばんの恥ずかしがり屋」だという。

 ルイスは米国生まれで、ずっと飼育環境下で暮らしてきた。通常、ゴリラは手の甲を地面に付けて体重を支え、四足歩行をすることが多い。スターン氏はルイスの二足歩行について、飼育されたことによる副作用というより個性によるものだろうと考えている。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ナショナル ジオグラフィック日本版の前後の記事