ここから本文です

二度はやらないほうがいい、人生を大きく変える10の失敗

3/22(木) 19:11配信

ライフハッカー[日本版]

Inc.:誰でも失敗はします。しかし、誰もが失敗から学ぶわけではありません。同じ失敗を何度も繰り返し、まったく何も進歩をせず、その理由さえわかっていない人がいます。

【画像】二度はやらないほうがいい、人生を大きく変える10の失敗

許されない失敗はない。本人が失敗を認める勇気があれば。

ーブルース・リー

失敗をしたときに、それを認めるのは難しいものです。失敗を認めてしまうと、自尊心が傷つけられるような気がするからです。しかし、同じ失敗を繰り返さないためには、失敗を十分に認めて受け入れるしかないという、長い間信じられてきた常識のようなものが、最近の研究で証明されました。

それでもまだ、失敗をなかなか認められない人は多いでしょう。

ミシガン州立大学の臨床精神生理学研究所の研究者は、失敗に関して人間は2つのタイプに分かれると発見しました。ひとつは考え方を変えるタイプ(「このことはもう忘れよう。きっとうまくいかないんだ」)、もうひとつは考え方を成長させるタイプ(「なんで目覚ましで起きられないんだ! 何が悪いのか見極めよう。そうすれば同じ失敗はしないはず」)です。

この研究を執筆したJason Moserはこう述べています。

失敗をしっかりと見つめ、失敗しないために時間や労力をもっとかけた方がいいです。そうすれば、失敗を活かすことができます。

考えを成長させるタイプは、失敗を認めて利用しているので、うまく乗り越えることができます。考えを変えるタイプは、失敗を全力で忘れようとしているので、失敗を繰り返すことになります。

賢い、成功する人たちは、決して失敗することに対する免疫があるわけではありません。失敗から学ぶのに適した道具を持っているというだけです。つまり、自分の思い込みが何かすぐに把握できるので、同じ失敗を二度としないのです。

失敗を繰り返しているなら、それはもはや失敗ではない。決断が間違っている。

ーパウロ・コエーリョ

今回は普通の人は何度もやるけれど、賢い人なら一度しかやらない10の失敗をお教えしましょう。

1/4ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。