ここから本文です

プロも認める「100円の掃除グッズ」。気兼ねなく使えてむしろラク家事に

3/22(木) 20:10配信

ESSE-online

「いい道具を使えば、家事が効率化する」とはよく言われる話。でも、値段のはるものばかり買いそろえられないし…と思っていませんか?
「じつは100円ショップは、主婦の動向をよく把握して商品開発をしているから、かゆいところに手が届く便利なアイテムの宝庫なんです」
そう教えてくれたのは、時短家事や簡単お掃除のコツなどを教えている、家事コンシェルジュのsallyさん。プロの視線で、頼れる掃除アイテムを教えていただきました。

かゆいところに手が届く100円グッズで、掃除が効率化!

「掃除は道具次第。効率がまるで違います」と断言するsallyさん。便利な100円グッズを味方につけて、てきぱきとこなしましょう。

●軽い力で汚れが落ちる網戸ワイパー&網戸ワイパーシート(別売り)

手間がかかるイメージの網戸掃除も、網戸ワイパーとワイパーシートを使えばラクラク。「シートをセットして上から下へなぞるだけ。柄を伸ばせるので、小柄な私でも上までしっかり届きます」。
便利な道具を使って日頃から汚れをためない習慣にしておくと、大掃除のときの負担が減ります。ちなみに、網戸の掃除は、曇りや小雨の日がおすすめ。湿度が高いと汚れが落ちやすいというメリットが。

●たくさんの「角」が隙間掃除にうってつけのメラミンスポンジ

ひし形に切り目が入っていて、ちぎって使えるメラミンスポンジ。「角の部分が蛇口の根元やサッシの隙間にピタッと密着。汚れに気づいたら、すぐきれいにできます」。

ステンレスもピカピカに。

細長いひし形は、狭いところに入りやすいデザイン。

※メラミンスポンジにより素材に傷がつくことも。まずは目立たない場所で試してから使うように注意を。メラミンスポンジと設備機器の取扱説明書を事前に参照すること

●浴室掃除の必需品の水きりワイパー!日頃の習慣にも

「浴室のカビ防止に、掃除の最後はワイパーでの水きりを欠かしません。これはゴムのしなり具合が絶妙でお気に入り」。1回ですっきりと、水気を残すことなくぬぐえます。力が入りやすくて握りやすい持ち手もグッド!

●ハンディモップで気づいたときにササッと掃除!

ケースに立てて収納できるハンディモップは、テレビの裏のデッドスペースにセットしているというsallyさん。「すぐ手が届くので、ホコリが目についたら取り出してきて、テレビを観ながら掃除できます」。掃除道具が「すぐ取り出せて、戻せる」仕組みになっていると、掃除がはかどります。

1/2ページ

最終更新:3/22(木) 20:10
ESSE-online