ここから本文です

【マリ戦速報】日本、痛恨のPK献上で前半1点ビハインド… 宇佐美、大迫が好機創出も無得点

3/23(金) 22:07配信

SOCCER DIGEST Web

立ち上がりに決定機が訪れるも…。

 国際親善試合の日本代表対マリ代表が3月23日、日本時間の21時20分キックオフで行なわれている。

【PHOTO】日本代表戦の美女サポーターたち

 日本のスタメンは、GKに中村航輔、DFは右から宇賀神友弥、昌子源、槙野智章、長友佑都の顔ぶれ。ボランチは長谷部誠と大島僚太のコンビ。トップ下には森岡亮太が起用された。3トップは右から久保裕也、大迫勇也、宇佐美貴史と並んだ。


 日本は、立ち上がりからタイトな守備を見せてマリを押し込む。8分のピンチをGK中村の好守で凌ぐと、10分には宇佐美からのスルーパスに抜け出した久保がシュートを放つが、惜しくもゴール右に外れる。さらに1分後には、大迫のポストプレーから再び久保がシュートを放つも、GKのD・ディアラの好守に阻まれた。

 日本は23分にも、スムーズなパス回しから大島が狙い澄ましたミドルで狙うが、再びD・ディアラの好セーブに阻まれる。直後のCKも相手ゴール前をボールが横切るも押し込み切れない。

 日本は30分すぎ、大島が負傷により退場を余儀なくされる。代わって山口蛍が投入される。大島は左足のふくらはぎを抑えて座り込み、自らの足でピッチを後にした。
 
 35分、日本は細かいパスワークから大迫、宇佐美とつなぎ、後方から走り込んだ長友にタイミング良くパスが渡るが、折り返しは相手DFのブロックに遭ってしまう。さらに41分には大迫からのパスを受けた宇佐美が右足で狙うも、またもGKの好守に阻まれた。

 すると43分、マリに押し込まれた日本は、ペナルティエリア内で宇賀神がファウルを犯してしまいPKを献上。これをアブドゥライ・ディアビに蹴り込まれ、先制を許した。

 前半は0-1とマリにリードを許して終了した。

最終更新:3/24(土) 5:13
SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ