ここから本文です

KAT-TUN、再始動後初のテレビ出演で“絆”語る「やっぱグループだなってあらためて感じています」

3/23(金) 21:15配信

ザテレビジョン

2年間の充電期間を経て2018年1月1日に再始動を表明したKAT-TUNの3人が、23日に放送の「ミュージックステーション 2時間SP」(テレビ朝日系)に出演。ソロとして活動した2年を振り返った。

【写真を見る】ももいろクローバーZの応援に来たしんちゃんが亀梨和也に物まねをムチャぶり!

冒頭、タモリから「再始動するんだね!」と言われると、亀梨和也は「そうですね。『Mステ』2年ぶりということで、どうですか?」と他の2人に振ると、上田は「意外と緊張しないんですよ」と明かす。

それを受け、亀梨は「再始動と言いつつ、会ってみるとすぐに距離がギュッと近くなるので、やっぱグループだなってあらためて感じています」と語った。

KAT-TUNは2年前の3月25日に放送された「Mステ」以来の出演。今回はその時に披露していた「君のユメ ぼくの夢」と最新曲の「Ask Yourself」を披露することに。

タモリから「久しぶりだよね~」と振られた亀梨は「そうですね。KAT-TUNとしては丸2年ぶりということなんですけど…。

6人でデビューさせていただきながら、いろいろなことがある中、一つ一つ僕たち自身も正面に立ち、向かってきたんですけど。皆さんの本当に広い心、理解のある心で“充電”という形を取らせてもらって。

2018年しっかり3人でKAT-TUNというグループに向き合い、進んでいこうという決意の中、今日を迎えさせてもらっております」と一言一言丁寧に、力強く語った。

そしてタモリに「この2年どうだった?」と聞かれ、上田竜也は「やっぱり他のグループの人たちが『ミュージックステーション』に出ていると、自分たちも頑張らなきゃいけないなって気持ちにさせられました。

何より困ったことが、『ミュージックステーション』の帰りは、記念にティッシュを頂けるじゃないですか、充電期間の2年でティッシュがなくなってしまって…」とおちゃめに語ると、亀梨は「うん、焦るよね」と同調。

続けて上田は「ありがたいことに小さいころから出させていただいていたので、結構たまっていたんですよ。それがなくなってしまって、初めてスーパーでティッシュというものを買いました(笑)」と明かし、タモリらの笑いを誘っていた。

そんな今回の出演で披露したのはスペシャルメドレー。

それぞれどういう楽曲なのかとタモリに問われると、亀梨は「『君のユメ ぼくの夢』は『ミュージックステーション』でも最後に歌わせてもらったんですけど、充電前にスガシカオさんに作っていただいた曲です。

僕らの(デビュー曲)『Real Face』もスガさんに作っていただいて、そういう関係もあって作っていただいた思い入れの強い楽曲ですね」と語る。

さらに中丸雄一は「『Ask Yourself』という楽曲は、亀梨くんが主演していたドラマの主題歌でもあるんですけど、充電後一発目なので、KAT-TUNっぽい曲になればいいなと思って作りました」とポイントを明かした。

また、楽曲披露の前にはこの日の“ゲスト”野原しんのすけが「ちょっと待って! 亀梨くん、オラの物まねが得意って聞いたんだけど…」と割って入って質問すると、亀梨は「はい。あ、でも充電中そういった作業を全くしてこなかったんで…。ちょっと物まねの作業は…してこなかったですね」とぶった切る。

しかし、それでもめげないしんのすけは「え~!? やってこなかったの! でも付け焼き刃でできるかもしれないので、オラの物まねまで、3.2.1」と勝手にカウントダウンし、むちゃぶり。

これに、亀梨は「オラ、亀梨和也だぞぉ~!」と乗っかり、「しんちゃん(自分たちが)歌う前だからね!」と怒ってみせつつ、「充電明けたらね、こういうこともやっていかなきゃいけないんですね」とどこかうれしそうに吐露した。

なお、次回の「ミュージックステーション」は4月20日(金)夜8時から放送される。(ザテレビジョン)

最終更新:3/23(金) 21:51
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン30号
7月18日

定価:370円