ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

従兄弟に利用された伊調馨、背景に田南部コーチとの関係 “練習場所を奪った”も嘘

3/23(金) 8:00配信

デイリー新潮

「週刊新潮」がこれまで報じてきた通り、栄和人強化本部長(57)のパワハラを訴える告発状の仕掛け人は、伊調馨(33)従兄弟のI・T氏であることは疑いようがない。「恐喝」「美人局」の常習犯であるI氏は、告発状を栄強化本部長の恐喝の材料にしようと目論んだとされる。

 ***

 結果的に恩師を裏切り、従兄弟の謀略に協力する格好となった伊調。その理由に挙げられるのは、栄強化本部長のあとに師事するようになった田南部力コーチとの“ロマンス”だという。

 日本レスリング協会の幹部によれば、

「伊調には、一度信奉すると“その人のことは絶対”、というところがある。田南部コーチが警視庁のレスリング部から外され、しかるべきポジションに登用されないのは、自分のことを疎ましく思っている栄さんのせいだと誤解してしまっています。2人が恋愛関係にあるという噂はずっと流れている。問題なのは周りが見えず、2人の世界に入ってしまうことです」

 リオ五輪のときも、この2人には女子選手団が振り回されたという。

「現地に到着した当日、時差ボケ解消やエコノミー症候群対策のために、すぐに練習を始めました。午前中が女子、午後が男子というスケジュール。女子は午後を完全オフにし、みんなで食事に出掛けることにしていた。でも、伊調が午後も練習したいと言い出したのです。治安が悪いために団体行動を義務付けていたので、女子は伊調に従いました」(同)

 ところが、肝心の伊調が一向に練習を始める様子がなかった。

「夕方になって、ようやくレスリングシューズを履き出しました。と同時に、田南部コーチが練習場に現れ、連れてきた男子選手団を放ったらかしたまま伊調とスパーリングを始めた。つまり、田南部コーチを待っていた伊調のために、女子全員が練習場に居残るはめになったというわけです」(同)

 従前から、栄強化本部長が、“2人の練習は皆の練習が終わってからに”と忠告していたのは、もっともなことだったようだ。

1/2ページ

最終更新:3/23(金) 11:18
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。