ここから本文です

ドルトムント練習参加のボルト、トライアウトを自己評価 「10点満点で7点」

3/24(土) 18:21配信

Football ZONE web

華麗な股抜きやゴールを披露 シュテーガー監督も「地に足がついている」と言及

 “人類最速男”の異名を取る陸上界のスーパースター、ウサイン・ボルトは現地時間22日、23日の2日間、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのトライアウトに参加。練習場に1000人を超えるファンが集結するなか、ミニゲームでは股抜きや豪快なヘディングシュートを決めるなどサッカー選手としての才能を披露し、「10点満点で7点」と自らに合格点を与えた。スポーツ専門テレビ局「ESPN」英国版が報じている。

【動画】「サーカスのショー」「スピードが素晴らしい」と反響 “人類最速男”ボルトの華麗な股抜き

 黄色と黒の練習着に身を包んだ195センチ・94キロの巨体がひときわ目立った。アメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチら現役選手たちと話しながらも、引き締まった表情を浮かべたボルトは、ミニゲームでは華麗な股抜きやゴールも披露。アスリートとしての圧倒的な能力を改めて誇示した。

「自分に10点満点で7点をあげるよ。良かったし、みんなと楽しめた。みんなとても歓迎してくれた。このチームで練習を続けたいよ」

 五輪で通算8個の金メダルを獲得しているボルトは、練習の手応えを覗かせるとともに、下部組織での調整ではなく「トップリーグでプレーしたい」と思いを語った。

「サッカーについて理解しているし、良い要素も見せてくれた」

 ペーター・シュテーガー監督は“プロ選手”となるには「最高レベルでプレーしたいと願うなら、まだまだ改善の余地は多い。彼の年齢では、成長する伸びしろはあまりない」と言及。その一方で、「リラックスしていて、地に足がついている男。彼はこのチームについて知りたがっている。サッカーについても理解しているし、良い要素も見せてくれた」と賛辞も送っている。

 プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドでのプレーを夢と公言する“人類最速男”は、昨年陸上界から引退し、すでに31歳。サッカー界で見てもベテランの域にいる。驚異のスピードを誇る“オールドルーキー”は、プロクラブのトップチームと契約することができるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/24(土) 18:33
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新