ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

日本含むW杯出場のアジア勢が大苦戦…韓国除く4ヶ国が未勝利に。イランも豪州も敗戦

3/24(土) 15:00配信

フットボールチャンネル

 現地時間23日に各地で国際親善試合が行われた。

 ロシアワールドカップアジア最終予選のグループAで首位突破かつ、FIFAランキングでアジア最高順位の33位であるイラン代表はチュニジア代表と対戦。アフリカ予選のグループAで首位通過したチュニジア相手にイランは苦戦し0-1の敗戦を喫している。

【2018年ロシアW杯】グループリーグ組み合わせ

 大陸間プレーオフによってロシアワールドカップ出場を勝ち取ったオーストラリア代表は、本大会出場を逃したノルウェー代表と対戦し1-4の大敗を喫している。FIFAランキングでもオーストラリアが37位、ノルウェーが57位と、順位が下のチームに4得点を許しての敗戦だった。

 また、サウジアラビア代表はウクライナ代表と対戦し1-1の引き分けに終わっている。マリ代表と対戦した日本代表も1-1の引き分けだったため、現時点でアジア勢は未勝利だ。現地時間24日に北アイルランド代表と対戦する韓国代表も引き分け以下に終われば、ロシアワールドカップ出場のアジア勢全5チームが未勝利という結果に…。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)