ここから本文です

「孤独」は伝染する ひとりぼっちの若者が増えていく理由

2018/3/31(土) 12:00配信 有料

Forbes JAPAN

Jeerawatstock / shutterstock.com

私たちはますます孤独になっている――。シカゴ大学ナショナル・オピニオン・リサーチ・センターの総合的社会調査(GSS)によると、親友がいないアメリカ人の数は1985年の3倍に増加した。何でも打ち明けられる相手の数を「ゼロ」と答えた人が最も多く、調査対象者の4分の1近くを占める。「重要なこと」について相談できる相手の平均人数も、以前の3人から2人に減少した。

この孤独感はミレニアル世代において最も顕著だ。その背景には、大きく分けて二つの要因があると筆者は考える。 本文:1,936文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

Forbes JAPANは2019/10/29(火)に本サービスの提供を終了いたします。 終了後、本記事は削除されます。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

Caroline Beaton

最終更新:2018/3/31(土) 12:00
記事提供期間:2018/3/31(土)~2019/10/29(火)
Forbes JAPAN

おすすめの有料記事

もっと見る