ここから本文です

訪日外国人急増!あなたのお店にも殺到中。さあどうする? --- 尾藤 克之

4/2(月) 14:34配信

アゴラ

2017年の訪日外国人の数は過去最多の2869万人となり5年連続で過去最高を更新した。これはインバウンド対策が急務であることを示唆している。「お・も・て・な・し」の日本式ホスピタリティは外国人に理解されるのだろうか。そこには、私たちが覚えておかなければいけない基本があるようだ。

今回紹介するのは『これだけ!接客英会話丸覚えフレーBOOK』(ナツメ社)(https://amzn.to/2IloNsW)。著者は、翻訳家の甲斐ナオミさん。大学を卒業するまでに6カ国語をマスターし、28 歳のときに日本に移住。現在は、NHKほかテレビ番組の英語字幕・ナレーション翻訳を手がけながら接客英語の普及につとめている。

「Please」は“どうぞ”ではない

年々増加する訪日外国人。英語は必須レベルにまで達している。丁寧な接客をするためには、英語は不可欠ともいえる。サービス業の現場で、簡単に英語力をアップさせる効果的な方法はないのだろうか。

「日本人の接客業従事者がロにする言葉を英語で伝えるためのフレーズや単語を覚えておくと便利です。日本語の直訳ではなく、実際に話したときに外国人の耳にすんなりと入るようにフレーズをアレンジしておくことが必要です。英語は、外国人にとってはごく自然でなものです。『使える英語』でなければ効果的とはいえません。」(甲斐さん)

「また、英語はひとつひとつのアクセントを発音しません。学校で学んだ発音のままでは通じないことが多いのです。初心者でも理解しやすいようによく使うフレーズを覚えてしまったほうが応用がききます。定番のフレーズやパターンを覚えれば接客英語はそれほど難しいものではないと気づくでしょう。」(同)

では、初心者でも理解しやすい、フレーズやパターンで覚える接客英語とはどのようなものなのかその一部を紹介していきたい。

「『Please』を“どうぞ”で使う人が多いのですが、『Please』が、“どうぞ”の意味で使えるのは、“許可を求められたとき”だけです。洋服を試着したいお客様が“試着していいですか?”と尋ねた場合、『Please, the fitting room is over there』(試着室はあちらです)などと使います。通常は、『Here you are』『Here you go』が正解です。」(甲斐さん)

「使用頻度が高いフレーズは、そのまま覚えてしまったほうが便利です。例えば、『You’re welcome』『My pleasure』『Not at all』『No problem』なども、使用局面を理解したうえで、そのまま覚えてしまったほうが使いやすいといえるでしょう。」(同)

1/2ページ

最終更新:4/2(月) 14:34
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい