ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

石橋貴明の娘「石橋穂乃香」今まで父の番組は観てない….

4/3(火) 11:00配信

SmartFLASH

 3月22日に、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が最終回を迎えた。人気長寿番組、そして石橋貴明(56)、木梨憲武(56)の2人には、視聴者だけではなく芸能界からも惜別と感謝の声が相次いだ。

 では、“親族”はどのような気持ちなのかーー。石橋貴明の前妻との娘・石橋穂乃香(28)への直撃取材を試みた。

 ドラマや舞台などで女優として活躍する穂乃香は2017年、『うたばん』のロゴは自身が幼少期に書いたなど、父との思い出をテレビ番組で披露。また、現在は会員制のスナックでアルバイトをしていることも告白した。そこで、写写丸は穂乃香が勤務する都内のスナックを訪れた。

ーー『みなおか』が最終回を迎えましたが、印象に残っていることは?

「私よりも年上の俳優の方には、『とんねるずのファンでよく観ていましたよ!』って言われるんですけど、正直、世代ではないので、あまり観たことはないんです。世間では『みなおか』ロスとか言われているみたいだけど、いまいちピンとこない(笑)」

ーー長寿番組なのに意外ですね。

「あ、でも、小学生のころに母とハワイに住んでいたことがあるのですが、当時、番組のロケが現地であって、そのとき見学をさせてもらって、父と記念撮影をしたのは覚えています」

ーー放送終了後に、お父さんとは何か話をしましたか?

「メールで連絡を取り合ったり、直接会ったりもしていますが、父とは仕事の話をすることはありません。だから今回も特には何も。でも、最終回は録画して、このあいだ一人で観たんですけど、30年間も続けてきたのはすごいことだなって。私ももっと女優の仕事を頑張ろうって思ったし、あらためて父、カッコいいなって思いました」

 そう答えると穂乃香は、マイクを手に取り、最終回のエンディングで父たちが熱唱した『情けねえ』を歌い始めたのだった。
(週刊FLASH 2018年4月17日号)

最終更新:4/3(火) 11:00
SmartFLASH