ここから本文です

“悪童”バロテッリ、プレミアあるいはセリエAに復帰か。代理人が「交渉中」

4/3(火) 19:17配信

フットボールチャンネル

 ニースに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリは、来季はイングランドのプレミアリーグやイタリアのセリエAに復帰することになるかもしれない。2日付の英紙『ミラー』など各国メディアが代理人のコメントを伝えた。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 リバプールやミランで苦しい時期を過ごしたバロテッリだが、2016年夏に加入したフランス1部のニースで復活。これまで2シーズン弱で公式戦58試合に出場して39ゴールを挙げる活躍を見せている。

 そのニースとの契約は今季限りで満了するため、他クラブへのフリー移籍が可能となる。代理人のミーノ・ライオラ氏は、「イングランドやイタリアの多くのクラブと交渉を行っている」と述べ、「ユベントス、ローマ、ナポリ、インテルと話をした」と具体的にイタリアのビッグクラブの名前を挙げている。

「マリオは成長し、世界トップ10に入るストライカーになった」とライオラ氏は主張。「イタリアではナンバーワンだ。1億ユーロ(約130億円)の価値がある。だがフリートランスファーなので、非常にお買い得ということになる」とバロテッリの価値について語った。

 過去にはインテルやマンチェスター・シティでもプレーし、才能を高く評価される一方で、ピッチ内外での“問題児”ぶりも発揮していたバロテッリ。来季はイングランドやイタリアに返り咲くことになるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ(9月19日)