ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ドラフト視点で選抜ベスト9を選出。やはり2018年はショートが豊作だ。

4/3(火) 7:01配信

Number Web

オリックス吉田正尚のような齊藤。

 外野手の候補は藤原以下、森下翔太(東海大相模3年)、上杉龍平(東海大相模3年)、齋藤來音(静岡2年)、上田優弥(日本航空石川3年)、谷合悠斗(明徳義塾3年)、左向澪(智弁学園3年)という顔ぶれ。

 藤原は体調が万全でない中、伊万里戦で2安打を放ち、第2打席の二塁打での二塁到達タイムは7.76秒という速さだった。守備での俊足や強肩もドラフト1位候補の名に恥じない迫力で、充実の時を迎えている。

 森下は文元、北村と同様、バッティングの動きが小さいのがいい。メジャーリーグで主流のアッパースイングが日本の高校野球でも見られるようになったが、森下は浅い縦軌道でボールをとらえる従来型。最短距離でボールを捉える、効率的なスイング軌道だ。

 齋藤は初戦の駒大苫小牧戦で3安打を放ち、第1打席は内野安打で一塁到達タイムが4.06秒、第2打席は2死一、二塁の場面でタイムリー三塁打を放ち、第3打席は1死二、三塁の場面で三塁打を放ち(2打点)、三塁到達タイムが11.79秒だった。

 フルスイングを見て似ていると思ったのがオリックスの吉田正尚。俊足プラス好守、そして強打という現代的なセンスを持ち合わせる、楽しみな2年生である。

では、ベストナインの顔ぶれは……。

 これらの候補から、私が選出する今センバツのベストナインは次のようになる。

 投手 柿木蓮(大阪桐蔭3年)
捕手 高内希(彦根東3年)
一塁手 文元洸成(智弁和歌山3年)
二塁手 曲孝史朗(三重3年)
三塁手 北村恵吾(近江3年)
遊撃手 根尾昂(大阪桐蔭3年)
外野手 藤原恭大(大阪桐蔭3年)、森下翔太(東海大相模3年)、齋藤來音(静岡2年)

 ベストナインということで、野手8人に対して投手は1人しか選出できない。それではもったいない気持ちが湧いたので、最後に甲子園のスピードガンで目についた選手を紹介する。

 147キロ 井上広輝(日大三2年)、土居豪人(松山聖陵3年)
146キロ 市川悠太(明徳義塾3年)
145キロ 鶴田克樹(下関国際3年)
144キロ 中村奎太(日大三3年)、柿木蓮(大阪桐蔭3年)、川畑大地(乙訓3年)、奥川恭伸(星稜2年)

 彼らは今後、さらなる成長を果たすのか。期待したい。

(「詳説日本野球研究」小関順二 = 文)

3/3ページ

最終更新:4/3(火) 10:41
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

950号
4月12日発売

特別定価600円(税込)

MLB2018 DREAM OPENING 大谷翔平 夢の始まり。

【開幕インタビュー】 大谷翔平
ダルビッシュ有/前田健太/スタントン&ジャッジ/マイク・トラウト