ここから本文です

東電元副社長が懺悔告白「被災地運動家女性と関係を持ってしまい……」【先出し全文】

4/4(水) 16:00配信 有料

文春オンライン

東電元副社長が懺悔告白「被災地運動家女性と関係を持ってしまい……」【先出し全文】

石崎氏は東電に報告済みだと話した

「この半年間、悩み続けてきました。恐怖で眠れないこともありましたし、どうしたら死ねるのかという考えも頭をよぎりました。ただ文春から取材の連絡がきたときに決心しました。もう洗いざらいお話ししようと。そのために昨日、会社に退職願を提出しました。会社や家族、被災地の方々にご迷惑をかけてしまい、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」

 こう話すのは、東京電力ホールディングス(以下・東電)元副社長の石崎芳行氏(64)だ。

 3月30日、東電は「人事通知」と題するプレスリリースを発表。そこには、31日付けで「退任」する一人の最高幹部の名前が記されていた。その人物こそ、東電の“福島復興の顔”だった石崎氏である。

 石崎氏は1977年に慶應大学法学部を卒業し、東京電力に入社。福島第二原発所長や副社長を経て、2013年1月に福島復興本社の初代代表に就任した。

「震災直後から、原子力・立地副本部長として避難所を回り、『我々ができることはなんでもやります』と謝罪を続けていた。朴訥で、生真面目を絵に描いたような人です。家族を東京に残し、単身赴任で福島の社宅に住んでいます。2017年6月に福島復興本社代表を退任し、福島担当特別顧問に就任する際の会見では、『生涯をかけて福島のためにしっかり力を尽くす』と語っていました」(地元記者)

 3月初旬、この石崎氏についての情報が小誌に寄せられた。福島県内に住む被災者A子さんと石崎氏が不倫関係にあるというのだ。

 50代の独身であるA子さんは、福島や東京を拠点に、被災地支援の活動を精力的に行う運動家でもある。A子さんが主宰する団体の活動はマスコミに度々取り上げられ、震災復興に尽力した団体に授与される「日本復興の光大賞」を受賞したこともある。

 A子さんによれば、石崎氏との出会いは2015年7月のことだった――。 本文:5,518文字 写真:7枚 ...

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

「週刊文春」編集部

最終更新:4/4(水) 17:29
記事提供期間:2018/4/4(水)~8/3(金)
文春オンライン