ここから本文です

前川喜平×湯浅誠が直言 「子どもを救う処方箋を示そう」

2018/4/7(土) 7:01配信 有料

週刊東洋経済

<2018年4月14日号> 困窮する子どもたちを救い、貧困の連鎖を食い止めるには何をすればよいのか。貧困問題解決に長年携わってきた社会活動家の湯浅誠氏と、教育行政を担ってきた前文部科学事務次官の前川喜平氏に、問題解決への処方箋を提示してもらった。

──銀座・泰明小学校の「アルマーニ標準服」は公立小にも格差があることを浮き彫りにしました。お二人はどう感じていますか。

前川 公立学校がやることとは思えず、全然理解できない。一定の特色を出すのはいいが、ああいう出し方ではいけないと思う。 本文:4,568文字 写真:5枚 ...

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込220

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

最終更新:2018/4/7(土) 7:01
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る