ここから本文です

【浦和】感極まり言葉にできず……。ヒーローインタビューで興梠慎三が本当に伝えたかったことは?

4/7(土) 22:00配信

SOCCER DIGEST Web

ゲーム内容には警鐘を鳴らす。

 大槻毅監督の下で新たなスタートを切った浦和が、J1の6節で仙台を下し、リーグ戦で今季初勝利を掴んだ。チームを牽引したのは開始5分に決勝点を挙げた興梠慎三だ。
 
 ヒーローインタビューでは、4月2日に契約解除となった堀孝史前監督への想いを語ったが、途中で言葉に詰まり、本当に伝えたかったことを話せなかったという。試合後にはこう言葉を紡いだ。
 
「堀さんのために勝ちたかったというのはありますし、この勝点3は堀さんにプレゼントしたかったです。僕が浦和に来て6年目になりますが、その時からコーチとして一緒にやってきて、(昨年7月まで指揮した)ミシャ(ペトロヴィッチ監督)、そして堀さんとすごくお世話になった。自分としては大好きな人だった。
 
 解任に追い込んだのは選手一人ひとりの責任だと思いますし、そういうことをヒーローインタビューで言いたかったんですが、感極まって泣きそうになったので、自分のなかで止めました。堀さんが監督の時に(この勝利を)取りたかった」
 
 また、勝利の喜びに浸りながらも、この日のゲーム内容には警鐘を鳴らした。
 
「点を決めた後の内容が良くなった。そのあとに2点、3点と取れれば良かったが、そこで取れないのが今の自分たちの実力だと思う。後半は特にだけど、内容としては最悪だった。レッズらしくないパフォーマンスだった。
 
 個人的には60分辺りから守り切るというのは難しいと思う。80分とか、85分だったら、完全に守っても良いけど、早い時間だったらもう少し点を取りに行く姿勢を見せなくてはいけなかった。そこは修正したいです」
 
 ようやく白星を掴んだ浦和は今後、立ち直ることができるか。4月11日にはアウェーで神戸と対戦する。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【動画】リーグ戦初勝利に導くエースのテクニカルな一発!

最終更新:4/7(土) 22:02
SOCCER DIGEST Web