ここから本文です

小林と堂安の“オランダ日本人対決”は1-1ドロー 両者チャンスメイクも得点に絡めず

4/8(日) 23:22配信

Football ZONE web

両者ともに攻め合った一進一退の攻防、勝ち点1を分け合う

 オランダ1部エール・ディビジは現地時間8日に第30節が行われ、MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンがホームにMF堂安律を擁するフローニンゲンを迎えた。ともに先発メンバーに名を連ね“日本人対決”となった一戦は、前半にヘーレンフェーンが先制も後半にフローニンゲンが追いつき、1-1で勝ち点1を分け合った。

【動画】「怪物」「宝石のように輝ける」と称賛の嵐! フローニンゲンMF堂安律の“消えるドリブル”

 中盤で攻撃の組み立て役として期待される二人だが、先に輝きを放ったのはフローニンゲンの堂安だった。前半11分、敵陣中央でパスを受けるとワントラップからマーカーとの間合いを計りながら、左足で相手最終ライン裏へスルーパス。FWミムン・マヒの足もとに通る完璧なパスだったが、決定機でシュートを打ちきれなかった。

 一方、前半25分にホームのヘーレンフェーンは右サイドのペナルティーエリア手前でFKを獲得。このチャンスにキッカーを務めた小林は左足を強振、鋭い弾道が枠内に飛んだが相手GKの好セーブにあった。

 だが、このプレーを境にヘーレンフェーンがペースを握ると、同31分にMFミヘル・フラップがゴールを決めて先制。前半を1-0で折り返した。

 後半、劣勢だったフローニンゲンが追いつく。同10分、堂安も絡んだ波状攻撃から左サイドのマヒがクロスを送ると、ゴール前でフリーになっていたFWトム・ファン・ヴェールトがヘディングで押し込み同点に追いついた。

 その後は両者ともに攻め合う一進一退の展開に。日本が誇る二人のレフティーも存在感を発揮するものの、決定的なシーンを演出することはなく、試合はそのまま1-1で終了した。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/8(日) 23:22
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ