ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

HSVの20歳FW伊藤達哉、独&伊代表翻弄 超絶ドリブルに騒然「スーパー」「目の保養」

4/9(月) 8:31配信

Football ZONE web

シャルケ戦、伊藤が代表クラス二人を抜き去りゴールをアシスト

 ドイツ1部ハンブルガーSV(HSV)は、ブンデスリーガ第29節の本拠地シャルケ戦で3-2の逆転勝利を収めて、日本代表FW大迫勇也が所属するケルンを抜いて最下位から脱出した。この試合で20歳FW伊藤達哉はドイツ代表MFとイタリア代表MFを抜き去る圧巻のドリブルからゴールをアシストする活躍を披露。同僚の日本代表DF酒井高徳が称えれば、ファンからも「スーパー」「目の保養」など絶賛の声が上がっている。

【動画】「スーパー」「目の保養」と絶賛! ハンブルガーSVの20歳FW伊藤達哉、ドイツ&イタリア代表MF翻弄の“二人抜き超絶ドリブル”、逆転弾をアシスト

 伊藤と酒井が揃って先発した試合は、前半9分に先制点を献上。最下位のHSVにとって苦しい立ち上がりになったが、前半17分にMFフィリップ・コスティクの同点弾で1-1に追いつくと、後半7分に20歳の若き日本人アタッカーが会場を騒然とさせる。

 左サイドでボールを持った伊藤がドリブルを開始すると、イタリア代表MFダニエル・カリジューリと対峙。ゆったりとしたリズムでボールを運び、自身の間合いに入った瞬間にまたぎフェイントを繰り出すと、縦方向に一気に加速して抜き去った。相手ペナルティーエリア内にそのまま侵入しようとした際、今度はドイツ代表MFレオン・ゴレツカが猛烈な勢いのスライディングタックルで襲いかかる。だがそれを視界に捉えていた伊藤は、巧みな切り返しでかわし、ラストパスを供給した。

 中央に走り込んだFWルイス・ホルトビーがシュートを放ち、一度は相手に防がれるもホルトビーが押し込んでHSVが逆転に成功する。その後、2-2に追いつかれるも、後半39分にMFアーロン・フントが決勝弾を決めてHSVが3-2と勝利した。

日本代表DF酒井高も称賛「僕自身、彼のドリブルを止めるのは難しい」

 注目を浴びているのは3試合連続出場を果たし、今季初のフル出場となった伊藤のプレーだ。切れ味鋭いドリブルで相手に脅威を与え、とりわけイタリア代表とドイツ代表の両MFを翻弄した場面は特筆に値する。

 日本代表の酒井もクラブ公式ツイッターを通じて「僕自身、彼のドリブルを止めるのは難しいんだ。『もしもお前がこのスピードで仕掛けたら誰にも止められない』と、僕は彼にいつもいつも言い続けてきた。彼も試合を楽しんだと思うよ」とコメントを残し、伊藤のドリブルを称賛している。また、クラブ公式ツイッターでゴールや勝利を速報。伊藤がアシストした場面について、「スーパー」「目の保養」と圧巻のドリブルを称える声が上がった。

 伊藤は今季リーグ戦ノーゴールながら、29試合を終えて14試合に出場(先発6試合)。昨年9月の第6節レバークーゼン戦でトップデビューを飾ったばかりの若きアタッカーは、ドイツの地で着実にインパクトを与えて評価を高めているようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/9(月) 8:53
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新