ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

嵐 二宮、Sexy Zone 佐藤、 King & Prince 平野…この春グループ人気を後押しするジャニーズ

4/10(火) 7:02配信

リアルサウンド

 コンサート、ドラマ、映画、舞台……。4月に入り、ジャニーズメンバーたちの新しい活動が次々と発表されている。例えば、Kis-My-Ft2からは横尾渉、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永からなる「舞祭組」がドラマ『◯◯な人の末路』(日本テレビ系)に出演。グループとしてより幅広い活動をしていこうと精力的に動いているようだ。各グループを見てみると、この春個人活動でグループ人気を後押しするメンバーが見受けられる。今回はその中から3名をピックアップして紹介したい。

■この春も演技で勝負? 嵐 二宮和也
 メンバー全員がマルチに活動する嵐の中でも、高く演技力が評価され、数々の名作に出演してきた二宮和也。この春も演技を軸に活動していくようだ。ひとつめは、2018年8月24日に公開予定の映画『検察側の罪人』。二宮は、主演・木村拓哉が演じる最上毅の部下である新人検事・沖野啓一郎役として出演。先日、メインビジュアルも公開され、期待が高まっている。ジャニーズ俳優としての道を切り拓いたとも言える木村と、常々「俳優ではなくアイドルだ」と発言している二宮が共演することでどう化学反応が起きるのだろうか。もうひとつは、4月22日からスタートする連続ドラマ『ブラックペアン』(TBS系)。二宮は特別な役作りをしないことで有名だが、今回は初の外科医役ということもあり、心臓手術の見学などをして事前勉強をしているという。入念な準備を経た二宮の演技はより一層リアリティが増し、演技に深みが出るのではないだろうか。以前、『ZIP!』(日本テレビ系)でメンバーの櫻井翔が「言わずもがな(二宮は)我がグループが誇るアカデミー賞俳優ですから」とコメントしていたとおり、演技面で嵐を牽引していく存在としてさらに磨きがかかるのではないだろうか。

■ツッコミ修行中の“永遠の0番”、Sexy Zone 佐藤勝利
 嵐・二宮と最近ラジオ番組を通して交流が深まっているのが、ジャニー社長から“永遠の0番”と呼ばれるほどの実力と魅力を兼ね備えた、Sexy Zoneのセンター・佐藤勝利だ。2018年の『24時間テレビ』(日本テレビ系)のメインパーソナリティにも選ばれ、順風満帆に活動を続けるSexy Zoneの不動のセンターである佐藤が、二宮にツッコミ方法を伝授されたことが交流の発端である。そもそも、佐藤はグループ内でツッコミのポジション。以前放送していた『Sexy Zone CHANNEL』(NOTTV)やライブMCでも他のメンバーがボケまくり、佐藤がツッコんで話を進める形が定番になっている。故に、二宮のキレのあるツッコミを学びたかったのだろう。4月12日にはSexy Zoneの地上波初冠番組となる『Sexy Zoneのたった3日で人生は変わるのか!?菜々緒も直美も息呑む挑戦!』(日本テレビ系)も放送。その中で佐藤は芸人・笑い飯と3日間共同生活を送り、ツッコミの修行をする。ツッコミが劇的に変わるのか、ライブMCで検証している場面もCMで明らかになっている。4月14日からはドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系)にも出演する佐藤。センターとして、この春さらに力を付けるに違いない。

■正統派な容姿と天然発言のギャップ King & Prince 平野紫耀
 2018年5月23日に1stシングル『シンデレラガール』でデビューが決定しているKing & Prince。メンバーの一人である平野紫耀は、正統派ジャニーズ的容姿とギャップのある天然発言でデビュー前から引っ張りだこだ。現在公開中の映画『honey』、4月17日放送開始の連続ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)と連続で人気ジャニーズメンバーの登竜門となる「王道王子役」を演じる。それに伴い、記者会見やバラエティ番組、情報番組にも多数出演中し、爪痕を残している。例えば、『honey』の初日舞台挨拶では地元・名古屋の方言を使い「僕、でら平野紫耀です」と自己紹介するも、「ふと名古屋弁を忘れてしまうというハプニングが自分の中で起きてます」とまさかの発言。平野の天然っぷりは、ネットやSNSでも話題になっており、徐々にジャニーズファン以外にも認識し始められている。ドラマ、映画、テレビへの出演が多くなっている今、これからデビューするKing & Princeの知名度を上げるべく活躍してくれるだろう。

 3人はこの春、各グループの人気をさらに上げていくため、存分にそれぞれの魅力を活かした活躍をしてくれるだろう。彼らの活動は、各グループのファンになるための「エントランス」となるに違いない。

高橋梓

最終更新:4/10(火) 7:02
リアルサウンド