ここから本文です

【J1展望】神戸×浦和|今季初の連勝を狙う神戸が、低迷脱却を図る「大槻レッズ」に待ったをかける!

4/10(火) 18:52配信

SOCCER DIGEST Web

神戸――中2日で迎える一戦。攻守両面で組織的に戦えるか?

J1リーグ7節
ヴィッセル神戸-浦和レッズ
4月11日(水)/19:00/ノエビアスタジアム神戸

ヴィッセル神戸
今季成績(6節終了時):10位 勝点6 2勝2分2敗 8得点・8失点

【最新チーム事情】
●大槻の劇的ゴールで前節のG大阪戦に勝利。
●DF藤谷がG大阪戦で今季リーグ戦初アシスト。
●浦和戦で今季初の連勝を狙う。
【担当記者の視点】
 前節のG大阪戦をモノにし今季リーグ戦2勝目を挙げた。そのG大阪戦では、遅攻と速攻を上手く使い分けていたオフェンス面、最後まで粘り強く振る舞っていたディフェンス面とも、称賛に値する出来だった。

 G大阪との「スリリングな展開」(吉田監督)を制した勢いで、このまま勝ち星を積み重ねたいところだが、今節は連戦による疲労との戦いも余儀なくされる。中2日で迎えるこの一戦では、果たしてG大阪戦のように攻守両面で組織的に戦えるか。そこが、今季初の連勝を掴めるかの分岐点になりそうだ。

浦和――ウイングバックの人材不足で4バック採用が基本線か

J1リーグ7節
ヴィッセル神戸-浦和レッズ
4月11日(水)/19:00/ノエビアスタジアム神戸

浦和レッズ
今季成績(6節終了時):16位 勝点5 1勝2分3敗 5得点・7失点

【最新チーム事情】 
●相手に合わせたシステムなら4バック。
●3バックは連戦での継戦能力に疑問。
●岩波は「特別な相手」との古巣対決。
【担当記者の視点】
 前節の仙台戦で、大槻暫定監督の下で今季リーグ初勝利を挙げた。3バックの相手にミラーゲームを仕掛けてのものだけに、相手に合わせることを重視するなら4バックに戻す選択肢が濃厚だ。2日間の非公開練習で、分析担当の経歴を持つ大槻監督がどう判断するか。

 宇賀神が負傷離脱しているうえ、仙台戦では森脇が負傷。ウイングバックの選手不足は浮き彫りになり、いかに3バックの収まりが良くとも、連戦の渦中では継戦能力に大きな疑問符がつく。

 心身のフレッシュさも選手起用のうえで重視する方針の指揮官だけに、中3日でメンバー変更も十分に考えられる。特に「特別な相手」と語る古巣対決の岩波には、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキをはじめとする攻撃陣を封殺する期待が掛かる。

最終更新:4/10(火) 18:53
SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ(9月19日)