ここから本文です

選手はロッカーで狂乱、会長は噴水にダイブ、公式ツイッターは崩壊…奇跡の勝利にローマが“狂う”

4/11(水) 19:36配信

SOCCER DIGEST Web

「どこが来ようと恐くない」と吠えた会長はサポーターたちの前で…。

 目の前で起きた奇跡に“永遠の都”が沸いた。
 
 4月10日(現地時間)に行なわれたチャンピオンズ・リーグ(CL)準々決勝の第2レグで、ローマはバルセロナを3-0で撃破。合計スコアを4-4とし、アウェーゴールの差で34年ぶりとなるベスト4入りを果たした。
 
 第1レグでバルサが4-1のリードを奪ったことで、決着はすでに決したかに思われた。だが、ローマは大方の予想を見事に覆す。前半でエディン・ゼコが先制、後半にダニエレ・デ・ロッシ、コスタス・マノラスがゴールを奪って、“奇跡”を実現させたのだ。
 
 勇猛果敢な姿勢で、強敵バルサを打ち破った選手たちに多くのメディアも興奮。イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は、「ローマ帝国の壮大なパフォーマンスだ」と褒めちぎった。
 
 選手やスタッフはロッカールームで飲み物をぶちまけ、まるで優勝したかのようなお祭り騒ぎ。そして、街中に飛び出したロマニスタたちも当然ながら、この勝利に酔いしれた。そして、そんなファンの中に、クラブの会長であるジェームズ・パロッタも姿を見せた。

【動画】SNSで拡散されて話題沸騰! ロマニスタを興奮させた会長の噴水ダイブ!

 昼夜を問わず、ローマに関するあらゆる情報を更新している『Forza ROMA』は、興奮状態にあったパロッタ会長の仰天行動を、動画付きで伝えている。
 
 同メディアによれば、試合後にパロッタ会長は、「我々はバルセロナを支配した。こんなローマは、今まで見たことがない。もう、どこが来ようと恐くない」と豪語。その後、サポーターたちが集うポポロ広場に姿を見せると、広場の中心にある『オベリスクの噴水』にダイブ。ロマニスタたちと喜びを分かち合った。
 
 また、まさかの勝利に歓喜するあまり、クラブの公式ツイッターも“崩壊”。次のようなツイートをして話題を呼んだ。
 
「DAJEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEeifefefbejfwjofnwjfnwjfbrufbwfubweufbewfuewbewbfwejfwjlfjfwfjlwfjbfjwfbwjfbwjofwjfnewjofnewjofnwjfnweAHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHH!!!!!!!!!!!!!」
 
 この意味不明なツイートにフォロワーからは、「ツイッターが崩壊した! でも、わかる、わかるぞ!!!」や「伝説の日だ。今日をローマ帝国の祝日として認定してくれ」など大反響を呼んだ。
 
 バルサから大逆転劇を収めるというミラクルを演じたローマ。その勝利は、クラブ関係者やサポーターたちを、文字通りに“狂わせた”。

最終更新:4/11(水) 20:04
SOCCER DIGEST Web