ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

世界に通用する「論理力」を手に入れる

4/12(木) 21:20配信

PHP Online 衆知(THE21)

グローバルな思考力の磨き方とは?

グローバル化の波に、ともすれば乗り遅れがちな日本企業。その原因の一つは「論理力」の差にある、と戸塚隆将氏は指摘する。ゴールドマン・サックスをはじめ数々のグローバル企業に身を置き、ハーバード経営大学院で「世界基準」の論理構成を学んだ戸塚氏が推奨する「シンプルなロジック」と、思考力を高める方法とは。

「情報処理能力」より重要になるものとは?

「日本人の話は感覚的で論理性に欠ける」「何が言いたいのかわからない」といった外国人ビジネスマンの意見を耳にすることは多い。実際、その弱点が日本企業の競争力に影を落としている──と指摘するのは、世界有数のグローバル企業でコンサルティングに従事し、現在もグローバル人材の育成・支援に携わる戸塚隆将氏。「論理力」は今後、世界中どこにおいても、必要性を増すだろうと語る。

「いわゆる『頭の良さ』の基準はさまざまです。情報処理の速さや機転、発想力、論理力ももちろん含まれます。この中で、今後最も必要とされ、かつ誰でも磨ける力が論理力。機転や発想力のように、先天的要素を含みませんから、何歳からでも伸ばすことができるのです」

 現在は重視されている「情報処理能力」も、論理力ほどには必要とされなくなるだろう、と予測する。

「情報処理は今後、AIの役割になります。人間が必死にこの能力を磨いたところで、速さも正確性も敵いません。我々が磨くべきは、さらに『上流』──つまり問題の定義とそこから導き出す望ましい結論、その方策や根拠といった『設計図』を作る力です」

 自身が接してきたグローバルエリートは、AIの台頭を恐れてはいなかったと振り返る。

「世界中で成果の出せる人に共通しているのは、『独自の意見』を持っていることです。どんなテーマに対しても『こうしたい』『こうあるべき』といった絵が描けている。そうした人々はAIを脅威とは感じません。AIを動かすプログラムを考える、つまり機械に指示する側に回れるからです。

 以前、Google の前CEOにして現アルファベット社会長であるエリック・シュミット氏のインタビュー記事を読んだのですが、彼はAIに対する人間の優越性として三つの思考力を挙げていました。一つは概念的思考、大元のコンセプトを考える力です。二つ目は、その実現までの筋道を立てる戦略思考。三つ目が、それをアクションに落とし込む計画的思考。彼がこの中で一番重要視していたのは、恐らく概念的思考でしょう」

 それは戸塚氏が語るところの「設計図」であり、グローバルエリートの「独自の意見」ともイコールの関係だ。さらに言い換えれば「正解のない問いに答を出す力」でもある。

「ほとんどの課題には、あらかじめ用意された正解などありません。ですから我々は、自分の頭で考えて答えを出さなくてはならない。論理的に考えて結論を出す力が必要なのです」

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE21

PHP研究所

2018年5月号
2018年04月10日発売

630円(税込)

【総力特集:オフィスとデスクの生産性2倍の「整理術」】仕事ができる人の机は美しく、機能的!達人たちのオフィスと、その整理術をご紹介。