ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

荒木経惟も? #MeTooでセクハラ告発された男たちの末路は追放、自殺…

4/12(木) 9:00配信

週刊SPA!

 世界的に著名な写真家のアラーキーこと荒木経惟氏を告発する文章が波紋を呼んでいる。4月1日、その文章を「note」で公開したのは、2001~2016年のあいだ荒木氏のモデルをつとめたダンサーのKaoRiさんだ。

 ヌード撮影の際に、契約書や同意書もなく、ギャランティもわずかで、写真集やDVD化も荒木氏の一存で決まり、モノのような扱いを受けた……と、KaoRiさんは記している。荒木氏に対しては、昨年8月にも、モデルで美術家の湯沢薫氏が「19歳の頃に性的虐待を受けた」とフェイスブック上で告発している。

 どちらの件についても、荒木氏側からの発表はなく(4月10日時点)、事実関係はまだわからないが……。

◆「#MeToo」で失脚した男たち

 2017年10月にハリウッドから火がついたセクハラ告発「#MeToo」が、世界中に広がっている。まだ下火だった日本でも、いよいよ本格的な「#MeToo」が始まるのだろうか?

 アメリカでは大量の著名人が失脚し、韓国では自殺者まで出た。その破滅ぶりのほんの一部をまとめてみた。日本でも、オノレの所業を振り返っておびえている人はたくさんいるかもしれない――。

●山口敬之(元TBS記者)→表舞台から消え、訴訟中

フリージャーナリストの伊藤詩織さんが、2015年に山口氏から準強姦されたと告発。2017年には伊藤さんが手記を出版、山口氏は合意だったと反論した。刑事裁判では不起訴となるが、現在、民事裁判を起こされている。安倍首相との親密さをアピールしてきた山口氏だがメディアでは見かけなくなった。

●岸勇希(広告クリエーター)→社長を辞任、退社

2017年12月、ブロガーのはあちゅうさんが、電通勤務時代に岸氏から受けたパワハラ、セクハラをネットメディアで告発した。岸氏は、性的関係を迫ったことは否認しつつ、ネット上で謝罪。スタークリエイターだった岸氏は、自分で作った会社を退社し、表舞台から消えた。

●趙珉基(韓国:俳優、大学教授)→自殺

2018年2月、趙珉基(チョ・ミンギ)氏の教え子が「ワンルームに呼ばれて強制わいせつ行為をされた」と匿名掲示板に掲載した。次々に教え子や女優からセクハラ告発を受け、趙氏は大学を辞職し、俳優活動も停止。3月9日に自宅マンションの地下で首吊り自殺し、遺書には「すべてが私の罪」とあった。

●安熙正(韓国:政治家)→辞任、告訴される

クリーンなイメージで次期大統領候補とも言われた安熙正(アン・ヒジョン)忠清南道知事。2018年3月、元秘書がテレビで「性的暴行を受けた」と明かした。知事ははじめ「合意だった」としたが、翌日には謝罪し、知事を辞任。別の職員女性も名乗りをあげ、2人から告訴された。検察が捜査に入る予定。

●ハーヴェイ・ワインスタイン(米国:映画プロデューサー)→業界追放、離婚

#metoo運動の発端となった事件。2017年10月以来、ハリウッド女優たちから次々に性的暴行を告発され、アカデミー賞の主催団体AMPASから追放される。数々の名作を生んできた同氏の会社は、今年3月に破産を申請。妻には離婚され、一時、セックス依存症のリハビリ施設に入るなど、公私ともに破滅した。

●ケビン・スペイシー(米国:俳優)→事実上の業界追放

2017年10月、男性俳優が、14歳だった11年前にケビン・スペイシーに性的な誘いを受けた、とメディアに明かした。以降、複数の男性にセクハラ被害を告発される。名優スペイシー氏は完成映画のシーンも削除・撮り直しされるなど、事実上の追放状態に。一時、ワインスタイン氏と同じリハビリ施設にいた。

 米映画界では他に、ダスティン・ホフマン、オリバー・ストーン、ウディ・アレンなど、たくさんの俳優や監督がセクハラ告発されている。今後、日本での動きに注目したい。<文/日刊SPA!取材班>

日刊SPA!

最終更新:4/13(金) 23:45
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2018年5月1・8日合併号
04月24日発売

¥440

・増税・年収格差…俺たちは怒っている!
・生き地獄ルポ 破産したらこうなった
・GWを激安で楽しむ13の方法
・旬撮ガール’18