ここから本文です

フジテレビなぜだ!  最後の砦「プライムニュース」に2大醜聞【全文公開】

4/12(木) 5:00配信 有料

文春オンライン

フジテレビなぜだ!  最後の砦「プライムニュース」に2大醜聞【全文公開】

フジテレビ本社

近年視聴率が伸び悩み、苦境にあえぐフジテレビ。その起死回生をはかる切り札が4月放送開始の「プライムニュース」だった。だが早くも2大醜聞が発覚。メインキャスターのパワハラ疑惑に愛人問題。なぜフジで不祥事が続くのか。「失敗の本質」はどこにあるのか。

◆ ◆ ◆

〈今度は夕方のニュースを担当することになりました。どこに行っても記者、つまり“質問係のおじさん”しかできませんが、問題意識には徹底的にこだわってきましたし、これからも変わりません〉

 4月2日に始まった「プライムニュース イブニング」(以下、「イブニング」)。メインキャスターの反町理(おさむ)氏(53)はホームページで意気込みを語っている。

 春の改編でフジは昼、夕方、夜の報道番組を「プライム」ブランドで統一。そのなかで「イブニング」は「プライム」の旗艦番組と位置付けられている。「プライム」統一は、ここ数年低迷を続けるフジにとって、起死回生をはかる大改革だという。

 元々、BSの一番組だった「プライムニュース」が地上波に“進出”したのには理由がある。

「2017年、宮内正喜氏が社長に就任。直前までBSフジ社長だった宮内氏は、報道担当の専務、編成部長をBS経験者で固めており、BSフジの成功例である『プライム』ブランドを地上波で放映するのは彼らの悲願でした。

 今回、『イブニング』のメインキャスターに抜擢された反町氏は、政治部が長く、官邸キャップ、政治部長などの要職を歴任。BSの『プライム』では、09年の放送開始から今年3月までメインキャスターをつとめ、数年間、編集長も兼務するなど、『ミスタープライム』と呼ばれる存在です」(フジ関係者)

 だが――。フジの切り札ともいえる反町キャスターに社内外の女性をめぐる疑惑が浮上している。 本文:5,040文字 写真:7枚 ...

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

「週刊文春」編集部

最終更新:4/12(木) 5:00
記事提供期間:2018/4/12(木)~8/11(土)
文春オンライン

Yahoo!ニュースからのお知らせ