ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

AKB48「世界選抜総選挙」、決戦の地は名古屋か、東南アジア!?〈dot.〉

4/13(金) 11:30配信

AERA dot.

 通算10回目の開催を迎えるAKB48グループによる「AKB48選抜総選挙」だが、今年は“世界選抜総選挙”と銘打ち、海外姉妹グループのメンバーにも被選挙権が与えられて立候補可能となり、国内外から339人のメンバーが参加することになった。

【写真】新たな台風の目となるメンバーが現れるか?

 国内組に関しては、選抜メンバーの常連だった「AKB48」の渡辺麻友がグループを卒業、昨年3連覇を達成した「HKT48」の指原莉乃や「AKB48」と「NGT48」を兼任する柏木由紀、「NMB48」の山本彩が出馬を辞退したことで今年は例年以上に予想が難しく、そのぶん新星の誕生や一気の世代交代も期待できそうだ。

 一方、海外組については「JKT48」勢こそ宗教行事の日程の関係で辞退したものの、タイ・バンコクを拠点とする「BNK48」、台湾・台北を拠点とする「TPE48」のメンバーが出馬。

 「BNK48」が9人、「TPE48」が5人と国内組に比べると圧倒的に人数は少ないものの、逆にグループ全体を応援している“箱推し”ファン、普段は同じグループの他のメンバーを応援しているファンによる応援票が入ることも予想され、今年の「総選挙」の台風の目になりそうだ。

 とくに、「BNK48」は1stシングル『Aitakatta』、2ndシングル『Koisuru Fortune Cookie』とCDの売上も着実に伸びており、5月には3rdシングル『Shonichi』のリリースも予定されており、現地でもその存在が話題になっているというから、個人的にも大いに注目している。

 そんな“世界選抜総選挙”だが、いまだにベールに包まれているのが、6月16日に予定されている開票イベントの会場だ。

 今年の「総選挙」の開票イベントの会場については、設備や会場規模、宿泊施設などを踏まえつつ加味会場を公募。

 公募期間はすでに過ぎており、会場決定までいよいよ大詰めを迎えている模様だ。
複数の関係者を取材したところ国内はもちろん、近年経済発展が著しい東南アジアの一大都市からもオファーがあったという。

1/2ページ

最終更新:4/13(金) 11:43
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日
アサヒカメラの記事や、独自取材の
芸能記事などを読むことができます。さらに
アサヒパソコンのオンライン版もあります!