ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

バイエルン、コバチ監督と3年契約で合意 幹部も信頼「クラブのDNAを知っている」

4/13(金) 21:30配信

Football ZONE web

ニコ・コバチ監督が弟のロベルトとともに入閣の予定

 今季限りでユップ・ハインケス監督の退任が決まっているバイエルンは、来季の新監督として現フランクフルト指揮官のニコ・コバチ監督を招聘することで合意したと発表した。クラブ公式ツイッターによれば、2018年7月1日から3年契約を結ぶ予定だという。

【動画】「スーパーチャンピオン」の称号! バイエルンが前人未到の6連覇達成&歓喜した瞬間

 バイエルンのスポーツディレクター(SD)のハサン・サリハミジッチ氏は、「我々は昨日、3年契約で合意した」と明言した。

 ドイツ誌「キッカー」は「ハインケスの後継者はアイントラハト・フランクフルトから来る。コバチが新しいバイエルンの監督だ」と報じた。コバチ監督の弟、ロベルト・コバチ氏もアシスタントコーチとして入閣することになるという。

 今季、バイエルンはイタリア人名将のカルロ・アンチェロッティ氏をシーズン途中に解任。すでに現役引退していたハインケス監督が電撃復帰を果たしていた。前人未到のブンデスリーガ6連覇を決め、UEFAチャンピオンズリーグでも4強進出を果たすなど結果を残すも、今季いっぱいで退団することが決まっていた。

フランクフルトでは長谷部や鎌田を指導

 注目された後任人事は、元ドルトムントのトーマス・トゥヘル氏も候補として取り沙汰されていたが、大役に抜擢されたのはコバチ監督だった。日本代表MF長谷部誠やMF鎌田大地が所属するフランクフルトからステップアップを果たす。

 サリハミジッチSDは「ニコはクラブのDNAを知っている」と語り、新監督にふさわしい人材だと主張。「我々はお互いによく知っているし、フレンドリーな関係だ」とクラブとの良好な関係性が築けているようだ。

 来季はリーグ7連覇という偉業に挑むバイエルン。新体制でどのようなチームに生まれ変わるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/13(金) 21:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新