ここから本文です

»»Part1 潮目変わった不動産投資 危険エリアが一目瞭然、首都圏空室率マップ

4/14(土) 7:01配信 有料

週刊東洋経済

最初に知るべきマクロ情勢
<2018年4月21日号> 最初に知るべきマクロ情勢
「やはり大学移転の影響が大きいと考えられますね」。不動産調査会社タスの藤井和之・新事業開発部長はそう語る。

タスは不動産会社の空室(募集)情報などを基に、独自の空室指標「空室率TVI」を算出している。満室稼働中の物件を母数から外しており、不動産管理業者などが開示する空室率より高めに算出される傾向があるが、地域間比較の参考にはなる。下図は2017年における1都3県のアパートの空室率TVIをマッピングしたものだ。 本文:2,542文字 写真:10枚 ...

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

許斐 健太 :東洋経済 記者

最終更新:4/14(土) 7:01
週刊東洋経済