ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【J1展望】浦和×清水|レッズユース育ちのルーキーコンビを両ワイドに抜擢か?

4/14(土) 12:30配信

SOCCER DIGEST Web

浦和――神戸戦で登録メンバーから外れた槙野は復帰が濃厚

J1リーグ8節
浦和レッズ - 清水エスパルス
4月15日(日)/16:00/埼玉スタジアム2002
 
浦和レッズ
今季成績(7節終了時):11位 勝点8 2勝2分3敗 8得点・9失点
 
【最新チーム事情】
●神戸戦の布陣から3バック継続が確実。
●指揮官は槙野の復帰を明言。
●連戦の疲労の色も。両ワイドにルーキーコンビを抜擢か。
 
【担当記者の視点】
 大槻毅暫定監督の体制になってリーグ戦2連勝と、少なくとも精神的な面では泥沼を脱した。4バックの神戸にも3バックを採用しただけに、しばらくの間は基本布陣として採用されるはずだ。
 
 前節の神戸戦で試合の登録メンバーから外れた槙野について、指揮官は「清水戦を万全の状態で迎えてもらうため。次は出ると思います」と起用を明言。2戦ぶりにスタメン復帰することが確実だ。
 
 懸念事項は連戦の疲労が特定の選手に偏っていること。3戦連続スタメンの菊池は神戸戦でも厳しい状態にあった。指揮官はベンチ入りした荻原について「テンションの高いゲームに途中から入れるのは酷」と話しただけに、使うならスタメンだろう。橋岡の継続起用と合わせて、両ワイドがユースから昇格のルーキーコンビになる可能性は十分にある。
 
 一方で、前線の3人は簡単に替えが利かない状況になっており、試合までにどれだけ回復できるかがカギを握りそうだ。
 

【PHOTO】浦和レッズを応援する美女サポーターたち

清水――セットプレーで点が取れれば…

J1リーグ8節
浦和レッズ - 清水エスパルス
4月15日(日)/16:00/埼玉スタジアム2002
 
清水エスパルス
今季成績(7節終了時):8位 勝点9 2勝3分2敗 8得点・6失点
 
【最新チーム事情】
●リーグ3試合連続で無得点と攻撃が不振。
●セットプレーも課題。高さはあるがクロスの精度を欠く。
●大幅なターンオーバーはしない模様。連戦の疲労が心配される。
 
【担当記者の視点】
 前節の長崎戦は、全体的に低調なパフォーマンスに終始した。前々節の”静岡ダービー”の反動もあったのだろう。運動量が少なく、長崎の守備を崩し切れないまま90分間が終了。後半は何度もチャンスを迎えたが、いずれも精度を欠いてゴールを逃している。
 
 連戦となる今節の浦和戦は、選手たちの回復具合がひとつのポイントだ。長崎戦のように、相手より運動量で劣るようだと、苦しい戦いを強いられるだろう。また、セットプレーも試合の鍵を握る要素のひとつ。クリスラン、M・デュークの2トップだけでなく、ファン・ソッコや立田といった長身選手は揃えているだけに、なんとか高さを活かしてゴールを奪いたいところだ。

最終更新:4/14(土) 12:30
SOCCER DIGEST Web