ここから本文です

神戸が渡邉千真の決勝弾で逆転勝ち! 横浜は降格圏の16位に後退

4/15(日) 16:00配信

SOCCER DIGEST Web

ポドルスキが欠場も勝負どころで決定力を発揮。

 J1リーグは4月15日、8節の4試合を開催。日産スタジアムでは、横浜F・マリノス対ヴィッセル神戸の一戦が行なわれ、神戸が2対1で勝利を収めた。

【PHOTO】横浜F・マリノスを応援する美女サポーターたち

 横浜はエースのウーゴ・ヴィエイラがベンチスタート。一方の神戸は、ルーカス・ポドルスキが累積警告で出場停止。古巣との対戦となった渡邊千真がベンチスタートとなった。

 試合は横浜がボールを支配し、神戸がカウンターからチャンスを窺う展開に。前半はともにチャンスを活かしきれずスコアレスで折り返すと、均衡を破ったのは横浜だった。58分、天野純からのパスを受けたオリヴィエ・ブマルが抜け出し、左足でゴールネットを揺らした。ブマルの移籍後初ゴールで横浜が先制する。

 これでリズムに乗るかと思われた横浜だが、神戸はカウンターに活路を見出す。68分、自陣からのフィードに抜け出した大槻周平がクロスを供給すると、ニアに詰めた三田啓貴が決め同点に追いつく。

 神戸はさらに79分、再び大槻からのスルーパスに、途中出場の渡邊が反応。渡邊のシュートは、ブロックに入った中澤佑二に当たり、GK飯倉大樹の頭上を越えてゴールに吸い込まれた。神戸が勝ち越しに成功する。

 結局、試合は2対1でタイムアップ。神戸が逆転勝利を収めた。これで神戸は勝点を11に伸ばした。一方の横浜は勝点8のままで、降格圏の16位に後退した。

最終更新:4/15(日) 16:55
SOCCER DIGEST Web